9586

EU FaZe Clanに EU mousesportsから BIH NiKoの移籍が発表されました。

NiKoはmousesportsからDreamHack Masters Las Vegasに出場し、その大会後FaZe Clanに正式に移籍します。それまでFaZe Clanには NOR jkaemがスタンドインします。
NiKo脱退後のmousesportsに加入する選手は不明ですが、CZE oskarにかわって現在Inactiveとなっている NLD chrisJのラインナップ復帰が最有力とみられます。
chrisJのラインナップ復帰が正式に発表されました。

FaZe Clan (after DH Masters Las Vegas)
  • NOR rain
  • FIN allu
  • FRA kioShiMa
  • DNK karrigan
  • BIH NiKo
  • SWE RobbaN (Coach)

これにより EU FaZe Clanはコーチを含む選手全員が異なる国籍をもつチームとなりました。

これまでFaZe Clanには、フランスシャッフルに伴ってフリーとなった BEL ScreaMの加入が最有力とされ、実際にFaZe ClanはScreaMと交渉を続けていたとのことですが、合意には至りませんでした。結果的にScreaMは FRA Team EnVyUsに加入しました。

 移籍金

BIH NiKoはバックアップとなっていた期間を含めると約2年 EU mousesportsに在籍し、19歳という若さながら実力のあるチームのスーパースターとして活躍しているため、かなり高額とみられる移籍金などからFaZe Clanとの契約は難しいと見られていました。

しかし9日になって、契約に至るであろうとのレポートが公開されていました。

DOTESPORTSの記事によれば、EU mousesportsと BIH NiKoとの契約におけるBuyout clause (選手を移籍させる際、所属チームに対して支払わなければならないお金)は100万ドル(約1億1200万円)を超え、これがNiKoを引き抜く上で最大の障害となっていたとのこと。
実際に支払われた移籍金については明らかにされていませんが、昨年1月に EU FaZe ClanがCS:GO部門を設立する際、G2 Esportsのメンバーを70万ドル(約8000万円)で獲得しました。
さらにそれ以前に、BEL ScreaMがG2 Esportsから FRA Titanに移籍した際の移籍金は15万ユーロ(約1700万円)と報道されていました。
この70万ドルは選手5名合わせての金額でしたが、今回の BIH NiKoの移籍に伴って EU mousesportsに支払われた移籍金は過去最高額となることでしょう。

【追記2.14】

FaZe CS:GO purchase NiKo