eslcsgostatement_0

先日お伝えしたESLによる独自のVAC BANルールは、ESL OneやESL Pro League, IEMなど全てのESLイベントで適用されることが明らかになりました。

【関連記事】

2年ルールが全ESLイベントで適用へ

HLTV.orgによると、ESLはVAC BANされたユーザーに関するルールを変更し、イベントへの出場が禁止されるのは過去2年以内に発行されたVAC BANに限るとのことです。VAC BANから2年経過したユーザーはESL主催イベントに出場可能となります。

"ESLが主催するイベント"には、Intel Extreme MastersやESL One、ESL Pro League (Season 6から)などのトップクラスのイベントが含まれています。

この新ルールが適用される初のイベントが、先日お伝えしたIEM Sydneyのオーストラリア予選となり、当初この予選のみの特例ルールかと思われましたが、本戦でも適用されることになります。

唯一の例外として、ESLが主催する場合でもValveスポンサード大会"CS:GO Major Championship (メジャー大会)"として開催される場合、このルールは適用されません。
ValveはVAC BAN/八百長問わず、永久的にこういったイベントからは除外されるべきであるとの方針を変えていないため、ESLの独自ルールは適用外にあります。

しかしながら、ESLは昨年のESL One Cologne 2016以降メジャー大会を開催しておらず、2017年2度目のメジャー大会もPGLが主催することが決定しました。

ESL One Cologne 2017がメジャー大会から外されたのは、こういったValveの方針とは異なるESL独自ルールの適用が行われたからかもしれません。

【追記】
ESLは追加情報として、ESL独自アンチチート"ESL Wire"によって検知された場合は2年間のESL BANが科せられており、VACによって検知されたBANもこの枠組に含めることでCS:GOプラットフォーム全体のBANについて一貫性をもたせる、と述べています。

SWE emilio, FRA KQLY, FRA Sf

6902

オンライントーナメントの試合中にVAC BANされた、当時 SWE Team Propertyの SWE emilioや、2014年のメジャー大会DreamHack Winter 2014直前にVAC BANされ話題になった当時 FRA Titan eSportsの FRA KQLY、FRA Epsilon eSportsの FRA Sfといったプレイヤーは、既にVAC BANから2年以上経過しているため、今後ESLの主催するイベントに出場することが可能になります。

KQLYはHLTV.orgのインタビューに対して、『私たちにもう一度チャンスを与えてくれたことは本当にうれしく思います。しかし、ESLのトーナメントでプレーすることが許されても、信頼してくれる人や加入させてくれる組織を見つけることは非常に困難だと思います。』答えています。

他のイベント主催者は、このようなESLルールを採用していないため、一度VAC BANされているユーザーは出場することはできません。

よってVAC BANから2年以上経過したとはいえ、FRA KQLYらのようなプレイヤーがトップチームに加入することはほぼ不可能と見られます。

KQLYのVAC BAN以降、当時所属していた FRA Titanはスポンサーの撤退などから資金不足に陥り、2016年1月に組織ごと解散に至りました。

また今回のESLのルール変更に対して、当然ながらプロ選手から批判の声が挙がっています。また、VAC BANユーザーを2年後に大会に出場させる前に、八百長試合の結果、全てのイベントからBANされている元 USA iBUYPOWERのメンバー(DaZeD, swag, steelら)こそが恩赦されるべきだとの声もあります。


仮に元 USA iBUYPOWERのメンバーらも同様にESLイベントに出場することが可能になったとしても、"ESL"が主催するイベントに過ぎません。

DreamHack, FACEIT, ELEAGUE, PGL, Gfinity, StarLadder, MLGといった数多くの主催者が存在する中、1つの主催者から出場を許されたとしても、依然として出場できるイベントには限りがあるため、前述の通りトップチームに加入できる可能性は皆無だと見られます。

個人的にはVAC BANであっても八百長であっても、こういったトップレベルのトーナメントからは永久的に出場禁止されるべきだと思います。

10年以上の歴史ある世界最大の競技的eSportsイベント主催者が、なぜ突然このようなルール変更を行ったのか、理解に苦しみます。

ESL One & EPL VAC rules changed