もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GO を中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    2017年03月

    0998

    USA Team Liquidに USA hazedがスタンドインすることが発表されました。
    hazedは明日開幕するオンライントーナメントiBUYPOWER Invitational 2017 Springに出場します。

    USA Team Liquid

    • USA nitr0
    • USA EliGE
    • USA jdm64
    • CAN stanislaw
    • USA hazed (stand-in)
    • BRA zews

    USA Team Liquidからは先日、DNK Pimpが別チームと交渉を行うためチームのサブメンバーとなることが発表され、ラインナップが欠けている状態でした。
    一方、USA hazedも昨年末で USA Counter Logic Gamingを脱退していました。
    hazed to fill in for Liquid in iBP Inv.

    2017y03m07d_101732201

    Intel Extreme Masters Season XII Sydneyの中国・モンゴル予選で CHN ViCi Gamingが CHN TyLooに2-1で勝利し、予選通過しました。

    IEM Sydneyは5月3日~7日に AUS オーストラリア・シドニーで開催されます。

    【関連記事】

    IEM Sydney 出場チーム

    • DNK Astralis (招待)
    • EU FaZe Clan (招待)
    • DNK North (招待)
    • NA OpTic Gaming (招待)
    • AUS Renegades (招待)
    • BRA SK Gaming (招待)
    • CHN ViCi Gaming (中国・モンゴル予選) *1
    • AUS オーストラリア予選通過チーム

    *1 ViCi Gamingは、元VG.CyberZenのメンバーと新たに加入したメンバーで2チーム体制に分かれました。元VG.CyberZenのSavage, tbらはVici Gaming Renascenceとして活動しています。

    ViCi qualify for IEM Sydney

    6de711de3509a876ebea

    SWE GeT_RiGhTがFragbite.seの生放送で様々な質問に答えています。

    SWE GeT_RiGhTは2015年、SWE Ninjas in Pyjamasの不調からチームを脱退し、北米に移転した上、USA seang@resの後任として USA Cloud9に加入するのではないかと噂されていました。

    結果的にGeT_RiGhTは再びNiPと契約し2016年に向けてのラインナップが発表されましたが、後に自身のTwitch配信上で、USA Cloud9には実際に加入する予定だったと述べています。

    今回のFragbite Liveで、視聴者から寄せられた質問に答える中、再びこの噂の真相に触れられていました。

    【関連記事】
    SWE Ninjas in Pyjamasは、あなたにとってチームというよりも家族のようなもの?

    私にとっては自分の子供のようです。
    私は本当に"ブランド"を気にしているので、ある日私自身に変更が必要なときが来るだろうと思っています。つまり、私がプレイヤーとして必要でなくなったなら、つまりそういうことです。

    自分がこの仕事を続けれるかどうかという考えについてはオープンにしています。
    でも私は正直、このチャプターをまだ閉じたくはありません。


    あなたは実際にあとどれくらいプレー出来ると思いますか?

    私はこのゲームが大好きです。
    Counter-Strikeをやめるつもりは今のところありませんが、先ほども言ったように、いずれ"辞めなければならない日"がやってきます。

    実を言うと数年前、私はチームとこの件について話し合いました。
    でも実際にいつ終わりが来るのかはわかりませんでした。

    私は自分のステップダウンが必要な時には完全にシーンから離れるつもりです。
    でもチームメイトはいつも「No」と言ってくれました。

    しかし近年、私のこの考えはよりオープンになってきました。
    私はNiPに「私の代わりに別の素晴らしいプレイヤーを必要と感じたら、いつでも構わないよ」と伝えています。

    2017年は、私にとってプロキャリア10年目となりました。
    このキャリアで私はもうリタイアしても大丈夫なほど、いろんな場所に行き多くのことを経験してきました。

    でも先ほども言ったように私はまだ戦い続けるつもりです。


    NiPのコアメンバーの4名が別れることは、そんなに難しいことなのですか?

    正直なところ、これについて答えは出ません。
    私は、私たちがお互い一緒にプレーすることを愛してるんだと思います。
    でも私はこれが必ずしも悪いことだとは思いません。

    私たちは皆、これが自分のキャリアにおけるチームだと思っています。
    私は良い答えを出そうとしていますが、正直な所、この質問は私には何の影響も与えません。


    USA Cloud9への加入の噂について

    ほとんど加入寸前でした。
    実際に契約する前に、いくつかの試合にCloud9として出場する予定でしたが、私の飛行機のチケットはフライトの2時間前になってキャンセルされました。

    それがあなたの北米行きを止めた唯一の理由ですか?

    はい。
    私はCloud9に加入する準備が整っており、NiPから出場することができなくなるイベントについてもメンバーとも話をして様々な調整が取られていました。

    どうやらCloud9はメジャー大会(DreamHack Cluj-Napoca 2015)直前にチームの戦略を知られることを恐れたようです。

    でも結局のところ、私は自分がどこにいるのが本当に好きなのか、気付きました。
    もしこの飛行機に乗っていたら、全て終わっていたと思います。

    GeT_RiGhT on joining C9: "My flight ticket got canceled two hours before takeoff"

    ecs-season-three-kicks-of-with-o-1280x568

    FACEITが開催するCS:GOリーグ"Esports Championship Series Season 3 (ECS)"のオンライン部門に出場する全チームが決定しました。

    ECSはESL Pro League同様、数カ月に渡るオンラインリーグを経て、上位数チームがオフラインで開催されるFinalsに進出します。

     ECS Season 3

    出場するのは各部門、前シーズンから上位8チームと、前シーズンの下位2チームとオープン予選通過チームが対戦するECS Promotionから2チームをあわせた合計10チームです。

    ヨーロッパ部門出場チーム

    • DNK Astralis (Season 2 Top8)
    • FRA Team EnVyUs (Season 2 Top8)
    • EU FaZe Clan (Season 2 Top8)
    • DNK Team Dignitas (Season 2 Top8)
    • FRA G2 Esports (Season 2 Top8)
    • SWE GODSENT (Season 2 Top8)
    • EU mousesports (Season 2 Top8)
    • SWE Ninjas in Pyjamas (Season 2 Top8)
    • SWE Fnatic (ECS Promotion S3)
    • POL Virtus.Pro (ECS Promotion S3)

    北米部門出場チーム

    • USA Cloud9 (Season 2 Top8)
    • USA Counter Logic Gaming (Season 2 Top8)
    • BRA Immortals (Season 2 Top8)
    • USA Team Liquid (Season 2 Top8)
    • BRA Luminosity Gaming (Season 2 Top8)
    • USA NRG Esports (Season 2 Top8)
    • NA OpTic Gaming (Season 2 Top8)
    • BRA SK Gaming (Season 2 Top8)
    • AUS Renegades (ECS Promotion S3)
    • USA Bee's Money Crew (ECS Promotion S3)

    ヨーロッパ・北米部門から上位4チームずつがFinalsに進出します。
    Finalsの開催地は未定ですが、6月23日~25日に開催されることが明らかになりました。

    ECS S3 Finals 賞金プール (総額75万ドル, 約8300万円)

    • 1位: $250,000 (約2780万円)
    • 2位: $120,000 (約1330万円)
    • 3-4位: $65,000 (約720万円)
    • 5-6位: $45,000 (約500万円)
    • 7-8位: $35,000 (約380万円)

    各オンライン部門の試合は4月14日より、FACEITのYouTube Gaming Liveにて放送されます。
    Esports Championship Series – Full Team Lineup for Season 3

    CWWL_ZZWwAAU64y

    EU mousesportsが DEU Spiidiにかわり新たな選手を起用するべくテストしているとのレポートが公開されました。

    レポートによると、1人目は現在 DNK Rogueに所属する DNK tenzki、2人目はFaceit Pro Leagueでのパフォーマンスから注目されている17歳のエストニア人プレイヤー EST ropzです。

    mousesportsは昨日ropzと実際に練習し、今後tenzkiとも練習を行うそうですが、どちらかの選手が加入すると確定したわけではないとのこと。

    仮に DEU Spiidiが実際にチームを去ることになれば、BIH NiKoの EU FaZe Clanへの移籍以降初のメンバー変更となりそうです。
    なお EST ropzは以前、Twitter上で両親がプロゲーマーという職業に否定的であることを明らかにしています。

    DeKay: mousesports to replace Spiidi; ropz and tenzki among potential targets

    update_header3

    CS:GOアップデートがリリースされました。
    [MISC]
    • ゲームアイテムを調べた時に、Ratingなどアイテムの評価を確認することができる"公式アイテム証明書"の機能が追加された。これまでサードパーティのサービスでのみ確認できていた武器の摩耗度などをインベントリから確認できるようになりました

    • SJ77afo (1)

    • 近くのロビー検索アルゴリズムを調整し、より多くのロビーが表示されるようになった

    [MAPS]
      Canals
    • Bサイトの壁にあった隙間を修正
    • アーチから見えた橋の不自然なテクスチャを修正
    • Aサイトの重複したジオメトリを修正
    • C4がスタックする可能性のあるTスポーン近くの場所をいくつか修正
    • increased fade distances on some props that were distracting
    • 照明に関するグリッチを修正するため、刑務所の階段の形状を変更した
    • increased lightmap grid resolution in prison lobby
    • おかしな視線をブロックするため、Bのツールボックスの下に段ボールを追加した
    • ショートのピクニックテーブルを1つ削除した
    • シューズショップのPixelwalkを修正した
    • fixed errant clip brush on balcony
    • ブーストをしてBへの木の標識に登ることはより難しくなった
    • 階段に面した中庭の建物の上部を切り取った
    • fixed nav file where lamp posts were removed
    • ギャップを修正するためにバルコニーのアーチ支柱を調整した

    • Militia
    • CTスポーンと人質救出エリアを移動した
    • 川と古いCTスポーン周辺のエリアをブロックした
    • 地下トンネルの近道は、ガレージに出るようになった
    • 人質は新たな位置にスポーンするようになり、常に上の階と本館/ガレージに1人ずつスポーンするようになった
    • サイロ近くにある家に出入りすることができるようになった
    • Yardのトンネル出口近くにいくつかのカバーを追加した
    • Tスポーンエリアを家の裏側のバルコニーに移動した
    • Longにカバーを追加した
    • いくつかのBoostや悪用できた場所を修正した
    • 全体的に動きが滑らかになった

    Release Notes for 3/29/2017

    mlgmajorcolumbus

    IND インドで今年後半に国際レベルのトップチームが参加する賞金総額30万ドル(約3300万円)規模のCS:GOイベントが開催される予定であると明らかになりました。

     COBX Gaming

    Sportskeeda.comのレポートによると、インドの通信事業者Route Mobileの共同設立者であるRajdip Gupta氏後援のもと開催されるこのイベントは、COBX Gamingと呼ばれるそうです。

    このイベントはインドのeSportsシーンを発展させる計画の一部であり、2018年までに世界最高レベルのチームと戦えるインドチームを持つことを目標にしているとのこと。

    COBX Gamingには16チームが出場し、内2チームはインド国内リーグを経て決定。

    残る14スロットはイベント主催者より国際チームが直接招待されるとのことです。
    イベントの日程や開催場所など詳細はまだ明らかになっていません。

    インドのモバイルゲームパブリッシャーNazara Gamesも同様に、今後5年間で2000万ドル(約22億2千万円)を投資して、CS:GOやDota2・League of Legendsの3タイトルのプロリーグを創設することを発表しています。

    また、2014年に開催されたメジャー大会ESL One Cologne 2014には、大会直前に解散し出場枠を失った SWE LGB eSportsにかわり、インドから IND Team Wolfがメジャー大会出場を果たしていました。

    India to host $300,000 event
    Route Mobile set to launch 300,000 million USD e-sports league in India

    このページのトップヘ