もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GO を中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    アップデート

    I51Vig7

    CS:GO Beta版パッチ1.35.5.3rcがリリースされました。

    4月のアップデートで競技マップから外されたInfernoがリニューアルの上で追加されており、
    今後の正式アップデートで再び競技マップ入りが期待されます。

    Beta版パッチを有効にするには、Steamクライアントのライブラリから
    CS:GOを右クリック→プロパティの「ベータ」より1.35.5.3rcを選択する必要があります。

    ただし、Beta版を実行しているときは通常のサーバーには一切接続できません。
    通常のプレーを行う場合はベータ版を「なし」に設定してください。
    [MAPS]
    • 修正版Infernoがベータデポで利用可能になりました
    •  (是非フィードバックをお寄せくださいとのこと)
    New Inferno Pics

    [GAMEPLAY]
    • 空中でしゃがむボタンを連打した際の視覚的ノイズを低減するため、しゃがむボタンに0.4秒のクールダウンを追加
    •  (これはsv_timebetweenducksを使用することで調整可能です)
    • プレイヤーのしゃがみ状態が+duckキーの状態と一致しない場合がある問題を修正
    • 既にしゃがんでいる状態からC4プラントをする際のアニメーションを調整
    • Molotovが棚などの角で爆発した際、炎が正しく発生しなかったバグを修正
    • 垂直に近い角度で武器を照準している時のViewModelの回転効果を少なくした

    [Xbox Game DVR]
    • Windows 10ユーザーがGame DVRを有効にしている時、それを無効にする方法を説明する項目を追加しました

    [UI]
    • スナイパースコープのブラーは、精度に応じて変化するようになった
    •  (ジャンプ中など、精度が低下しているときはよりブラーが強くなる)
       (これはスコープの精度に影響するものではありません)
    • Crosshairのブラーの忠実性が改善しました
    • cl_crosshair_sniper_show_normal_inaccuracy (デフォルト値0)を追加した

    [MISC]
    • コミュニティサーバーのための以下のConvarsを追加した
    • weapon_air_spread_scale (デフォルト値0)を追加
    •  (空中での武器の精度を向上させることが可能)
    • sv_enablebunnyhopping (デフォルト値0)を追加
    • sv_autobunnyhopping (デフォルト値0)を追加
    •  (+jumpを押し続けることで、自動的にBunnyhoppingする?)



    Pre-Release Notes for 10/10/2016

    2016y10m07d_155754180

    CS:GOアップデートがリリースされました。

    グラフィティと呼ばれる機能が追加されており、
    これは過去のCounter-Strikeシリーズにあったスプレーと同様の機能です。

    グラフィティには、コミュニティデザインのものと、Valveデザインのものがあり、
    ステッカーカプセルのように、オファーやマーケットで購入することが可能です。

    また、グラフィティアイテムは1つにつき50回までスプレーすることが可能です。
    [Graffiti]
    • グラフィティ機能が追加されました



    • CS:GO Graffiti BoxとCommunity Graffiti Box 1をオファーに追加しました
    • 毎週のアイテムドロップリストにグラフィティを追加しました

    [MISC]
    • 水面などで跳ねたSmokeはより確実にMolotovの火を消すようになった
    • Fixed respawn waves not working outside of Guardian and Strike missions.
    • Steamプロトコルでconnectとplaycastがサポートされるようになった

    [SOUND]
    • M4A1-Sの銃声が非常に遠い距離で聞こえたバグを修正
    • 武器の音は小さくなりました
    • マイナーな音量調整を行いました

    Release Notes for 10/6/2016

    13

    CS:GOアップデートがリリースされました。

    先日のジャンピングショットを弱体化させるBeta版パッチが適用されたほか、
    AKやM4といったライフルの銃声などが変更されています。
    [GAMEPLAY]

    [SOUND]
    • AK, M4, FAMAS, Galil, Aug, SG553の銃声等をアップグレード



    [MISC]
    • ゲーム内オファーに新たなステッカーシリーズを追加
    • ジャンプの上向きの速度を制御するsv_jump_impulseを新たに追加
    • WatchタブのStreamsで正しくTwitchストリームが表示されなかった問題を修正

    Release Notes for 9/28/2016

    header

    本日Beta版パッチ1.35.5.0rcがリリースされました。

    プレイヤーが空中にいるときの武器の精度、
    いわゆるジャンピングショットの正確さについて変更が加えられました。
    この変更で、これまでのようなSSG 08などのジャンプショットができなくなります。

    Beta版パッチを有効にするには、Steamクライアントのライブラリから
    CS:GOを右クリック→プロパティの「ベータ」より1.35.5.0rcを選択する必要があります。

    ただし、Beta版を実行しているときは通常のサーバーには一切接続できません。
    通常のプレーを行う場合はベータ版を「なし」に設定してください。
    [AIR INACCURACY]
    • 選手が空中にいるときの精度の算出方法を変更しました。

    今回の変更の目的は、ジャンプしながら相手と交戦する際に必要なスキルを、
    高めるためであり、空中での射撃におけるいくつかの不条理な点を除去します。

    SSG08_AccuracyInAir

    今回の変更により、ジャンプ中の射撃では
    "ジャンプの最頂点にいるときに限り、精度が向上する"ということになります。

    【18:00追記】
    Redditにその他の武器の詳細な分析結果が掲載されていました。
    多くの武器でジャンピングショット(最頂点を含む)の正確性が低下しています。
    しかしFAMASに限って最頂点時の射撃の正確性が向上しているとのこと。
    FAMASについてはバグの可能性があります。

    8月のアップデートでAKやM4の正確性が向上しました。
    この時、Valveは誤ってAK, M4のジャンプショットの正確性も向上させていました。
    これが今回のBeta版パッチによって元の数値(正常)に戻っているとのことです。

    全ての武器のデータがこちらで公開されています。
    数値はジャンプの最頂点時における射撃の正確性をあらわしており、
    左が現在の正式版のCS:GO、右が今回リリースされたBeta版の数値です。

    この数値が大きいほど正確性が低下します。
    ほとんどの武器で最頂点時の正確性が低下していることが確認でき、
    最頂点時以外の射撃については著しく正確性が低下します。

    Pre-Release Notes for 9/23/2016
    Air Time

    13

    CS:GOアップデートがリリースされました。

    昨日配信されたベータ版パッチ1.35.4.9rcが適用されています。
    その他の変更点はない模様です。
    [NETWORKING]
    • ネットワークチャネル帯域幅のレート設定がより広い範囲で設定可能になりました。
      現在、1.5Mbps以上の接続を利用するユーザーのデフォルト値は196608であり、
      レート設定は786432まで上げることが可能になっています。
      但し、ISPやネットワーク機器が高サージレートでパケットをドロップする場合、
      ゲーム上でパケットロスが発生することがある点に注意してください。

    [SMOKE]
    • Smokeのバウンド後0.5秒の制限はなくなりました[?]
      Smokeはその後のバウンド前にMolotovを消すことができます。
    • 火に直接ではなく、表面で跳ね返っているSmokeはMolotovを消さなくなりました
    • Molotovで燃えている面の下からSmokeを投げて火を消すことはできません
      (例: MirageのA Palace BalconyのMolotovを、Balcony下からSmokeを投げて消すことが不可能に)
    • 煙が届く場合、Smokeは障害物の向こうにあるMolotovを消すことが出来ます

    [MISC]
    • 通常よりも高い位置にジャンプできたバグを修正
    • 空中でuncrouchできないバグを修正

    Release Notes for 9/21/2016

    13

    新たなBeta版のパッチ1.35.4.9rcがリリースされました。

    先日リリースされた1.35.4.7rcは7日後に正式リリースされたため、
    今回のパッチについても近日中にリリースされると思われます。

    今回のパッチでは前回のアップデートに含まれていた
    通常よりも高い位置にジャンプして乗ることができるバグなどが修正されています。

    Beta版パッチを有効にするには、Steamクライアントのライブラリから
    CS:GOを右クリック→プロパティの「ベータ」より1.35.4.9rcを選択する必要があります。

    ただし、Beta版を実行しているときは通常のサーバーには一切接続できません。
    通常のプレーを行う場合はベータ版を「なし」に設定してください。
    [NETWORKING]
    • ネットワークチャネル帯域幅のレート設定がより広い範囲で設定可能になりました。
      現在、1.5Mbps以上の接続を利用するユーザーのデフォルト値は196608であり、
      レート設定は786432まで上げることが可能になっています。
      但し、ISPやネットワーク機器が高サージレートでパケットをドロップする場合、
      ゲーム上でパケットロスが発生することがある点に注意してください。

    [SMOKE]
    • Smokeのバウンド後0.5秒の制限はなくなりました[?]
      Smokeはその後のバウンド前にMolotovを消すことができます。
    • 火に直接ではなく、表面で跳ね返っているSmokeはMolotovを消さなくなりました
    • Molotovで燃えている面の下からSmokeを投げて火を消すことはできません
      (例: MirageのA Palace BalconyのMolotovを、Balcony下からSmokeを投げて消すことが不可能に)
    • 煙が届く場合、Smokeは障害物の向こうにあるMolotovを消すことが出来ます

    [MISC]
    • 通常よりも高い位置にジャンプできたバグを修正
    • 空中でuncrouchできないバグを修正

    Pre-Release Notes for 9/20/2016

    header

    CS:GOアップデートがリリースされました。

    先日のベータ版パッチが正式に適用されたほか、
    スナイパー類の銃声などがリニューアルされています。
    [GAMEPLAY]
    • Beta版パッチ(1.35.4.7rc)を適用
    • (このBeta版パッチについてはこちらをご覧ください。)
    • Molotovは炎の高さよりも高い位置にあるSmokeで消えなくなりました
    • Molotovが一部の場所でSmokeによって消されることはなくなりました
    • (例: Mirage A Palace Balcony下にSmokeがあっても、BalconyにMolotovを投げることが可能に)
    • Molotovの炎は閉まっているドアを貫通して広がらなくなりました

    • Smokeが壁に跳ね返って炎を消すとき、浮いた位置にSmokeが展開するバグを修正


    [SOUND]
    • AWP, SSG 08, G3SG1, SCAR-20の銃声をリニューアル
    • 上記武器の銃声はより正確に周囲に広がるようになりました
    • SSG 08, G3SG1, SCAR-20のリロード音等を変更


    [MAPS]
    • de_cacheの最新バージョンで一部バグ修正

    Release Notes for 9/16/2016

    このページのトップヘ