もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    Astralis

    CSGO_CLASH_FOR_CASH_1500x600_PR_release1

    2017年1月に開催されたメジャー大会 ELEAGUE Major: Atlanta 2017 決勝戦のリベンジマッチとして開催されたショーマッチ ELEAGUE Clash for Cash: The RematchDNK Astralisが POL Virtus.Proに勝利しました。

    マッチスコア (BO3)

    • MAP1 Nuke: DNK Astralis [7:16] POL Virtus.Pro
    • MAP2 Overpass: DNK Astralis [16:4] POL Virtus.Pro
    • MAP3 Mirage: DNK Astralis [16:3] POL Virtus.Pro

    賞金プール

    • 1位: DNK Astralis (約2770万円)
    • 2位: POL Virtus.Pro

    ELEAGUE TVのライブビデオをwww.twitch.tvから視聴する
    Astralis win ELEAGUE Clash for Cash | HLTV.org

    CSGO_CLASH_FOR_CASH_1500x600_PR_release1

    DNK Astralisと POL Virtus.Proによるショーマッチ ELEAGUE Clash for Cash: The Rematch が日本時間の17日午前11時よりBO3で行われます。

     ELEAGUE Clash for Cash: The Rematch

    Clash for Cashは、2017年1月に開催されたメジャー大会 "ELEAGUE Major: Atlanta 2017" の決勝戦で対戦した DNK Astralisと POL Virtus.Proの再戦という形で開催されます。

    わずか1試合(BO3)だけのショーマッチながら、勝利したチームには賞金25万ドル(約2700万円)が贈られます。試合は USA アメリカ・アトランタで行われるとのことなので、おそらくELEAGUE Season 1/2が行われた特設スタジオだと思われます。

    試合スケジュール (日本時間)

    • 6月17日11:00~ DNK Astralis vs. POL Virtus.Pro (BO3)

    賞金プール

    • 勝者: $250,000 (約2700万円)

    ブロードキャスト タレント


    Watch live video from ELEAGUETV on www.twitch.tv

    【関連記事】

    44367-1494344612-small

    今年1月に開催されたELEAGUE主催のメジャー大会 ELEAGUE Major: Atlanta 2017 の決勝戦 DNK Astralis vs. POL Virtus.Proの再試合(ショーマッチ)が6月16日(日本時間17日)に行われることが発表されました。

    Clash for Cash: The Rematch

    ELEAGUEが開催するこのショーマッチには、1月29日に行われたELEAGUE Major: Atlanta 2017の決勝戦で対決した DNK Astralisと POL Virtus.Proが出場します。

    ELEAGUE Majorの決勝戦は、Twitch.tvの同時視聴者数が100万人を突破し、CS:GOはもとより、Twitch上における単一チャンネルの最多同時視聴者数記録を更新しました。
    そのELEAGUE Majorの決勝戦同様、このショーマッチは USA アメリカ・アトランタで開催され、BO3で、かつて(2015年まで)のメジャー大会の賞金総額と同じ25万ドル(約2800万円)をかけて2チームが対戦します。

    ショーマッチとして、2チームだけが出場するイベントでこれだけの賞金が提供されるのは前代未聞であり、大接戦(12-16, 16-14, 16-14)を制し、デンマーク勢初のメジャー大会チャンピオンに輝いた現在HLTV.orgランキング1位の DNK Astralisと、同4位の POL Virtus.Proが再び素晴らしい試合をみせてくれるのか、注目です。

    試合の模様はアメリカのCATV "TBS" に加えて、Twitch.tvやYouTube Liveなど様々なプラットフォームで視聴することが可能です。

    Watch live video from ELEAGUE TV on www.twitch.tv
    またこのショーマッチとは別に、ELEAGUEは9月より新シーズンのCS:GOトーナメントを開催することを先日発表しています。

    C6FJfHKXEAAetoj

    POL ポーランド・カトヴィツェで開催されていた Intel Extreme Masters Season XI World Championship (IEM Katowice 2017)で DNK Astralisが優勝しました。

    昨年のIEM Katowice 2016と、ESL Oneとして開催された2015年 (メジャー大会)で優勝していた SWE Fnaticや、地元 POL Virtus.Proなど多くの強豪チームがグループステージで敗退し、波乱の展開となりました。

    【関連記事】

     最終順位 (獲得賞金額)

    • 1位: DNK Astralis (約1140万円)
    • 2位: EU FaZe Clan (約450万円)
    • 3-4位: DNK Heroic (約220万円)
    • 3-4位: BRA Immortals (約220万円)
    • 5-6位: CIS Natus Vincere (約110万円)
    • 5-6位: DNK North (約110万円)
    • 7-8位: POL Virtus.Pro (約57万円)
    • 7-8位: SWE Fnatic (約57万円)
    • 9-10位: SWE Ninjas in Pyjamas (約34万円)
    • 9-10位: USA Cloud9 (約34万円)
    • 11-12位: BRA SK Gaming (約22万円)
    • 11-12位: USA OpTic Gaming (約22万円)
    *これに加え、グループステージでの勝利数×$1000が追加されます。

    IEM Katowice 2017 - HLTV.org

    1-CounterStrike-TopTen-Cover

    昨年(2016)の1年間で、CS:GOのトップ9チームは合計770万ドル(約8億7000万円)以上を賞金から獲得したとの記事が経済誌"フォーブス"に掲載されていましたのでご紹介します。
    3-CounterStrike-TopTen-SKGaming

    2016年で最も獲得賞金額が多かったチームは、BRA SK Gamingでした。
    (Luminosity Gaming時代含む)

    昨年開催された2度のメジャー大会で優勝し、この2大会で100万ドル(約1億1300万円)を獲得。1年間の賞金獲得額は2億円以上となりました。
    (上記画像の金額はLuminosity時代を含んでいません)

    2-CounterStrike-TopTen-VirtusPro

    次に多かったのは POL Virtus.Pro
    BRA SK Gamingの約半額となる93万ドル(約1億円)でした。

    4-CounterStrike-TopTen-Astrails

    第3位は先日のメジャー大会で初優勝を果たした DNK Astralis
    その大会分は含まれていませんが、ECS S2 Finalsでの優勝などからおよそ80万ドル(約9000万円)を獲得しました。

    Top 4からの順位は以下のようになります。
    • NA OpTic Gaming - 79万ドル(約8900万円)
    • CIS Natus Vincere - 72万ドル(約8140万円)
    • SWE Ninjas in Pyjamas - 69万ドル(約7800万円)
    • SWE Fnatic - 66万ドル(約7460万円)
    • DNK Team Dignitas (現North) - 65万ドル(約7350万円)
    • FRA G2 Esports - 59万ドル(約6670万円)

    この金額は単純なトーナメントの賞金額のみであり、実際にチームや選手にはこれに加えてスポンサー料やステッカー等の売上などその他の収入も多くあるとみられます。

    The Top 10 'Counter-Strike: Global Offensive' Esports Teams Won A Total Of $7.7 Million In 2016

    6963

    USA アメリカ・アトランタで開催されていた第10回目のCS:GO Major Championship (メジャー大会) "ELEAGUE Major: Atlanta 2017"DNK Astralisが優勝しました。

    メジャー大会におけるデンマーク勢初の決勝進出、初優勝を同時に達成しました。

    DNK Astralisは昨年2度のメンバー変更を行い、若き DNK Kjaerbyeと新IGL DNK gla1veを加えて以降劇的なパフォーマンス向上を見せ、12月にチーム設立以降初のビッグタイトルを獲得していました。

     最終順位 (獲得賞金)

    • 1位: DNK Astralis (約5700万円) + Legends
    • 2位: POL Virtus.Pro (約1700万円) + Legends
    • 3-4位: BRA SK Gaming (約800万円) + Legends
    • 3-4位: SWE Fnatic (約800万円) + Legends
    • 5-8位: EU FaZe Clan (約400万円) + Legends
    • 5-8位: DNK North (約400万円) + Legends
    • 5-8位: CIS Natus Vincere (約400万円) + Legends
    • 5-8位: KAZ Gambit Esports (約400万円) + Legends
    • 9-11位: FRA Team EnVyUs (約100万円)
    • 9-11位: SWE GODSENT (約100万円)
    • 9-11位: USA Team Liquid (約100万円)
    • 12-14位: EU mousesports (約100万円)
    • 12-14位: FRA G2 Esports (約100万円)
    • 12-14位: NA OpTic Gaming (約100万円)
    • 15-16位: EU HellRaisers (約100万円)
    • 15-16位: CIS FlipSid3 Tactics (約100万円)



    Astralis vs. Virtus.pro - HLTV.org Match page

    9518

    CS:GOトップ20プレーヤー2016 第3位に DNK deviceがランクインしました。
    2014年の20位、2015年の3位に引き続いて3度目のランクインです。

    Top 20 Playersで2回以上、Top 3にランクインしているのは、2010年~2011年の UKR markeloff、2010年~2014年の SWE GeT_RiGhT、そして DNK deviceが3人目となりました。

    DNK deviceがはじめてCSのLANに出場したのは、2009年のCS:Sでのことでした。
    2011年には DNK Copenhagen Wolvesに加入し、Copenhagen Gamesなどに出場します。

    CS:GOに移行した後、DNK Copenhagen Wolvesからメジャー大会DreamHack Winter 2013に、DNK Xyp9xや DNK dupreehらと共に出場し、5-8位で終えました。DNK deviceは以降全てのメジャー大会でBest 8に進出している選手の1人です。

    2014年に入ると DNK Team Dignitasに加入。2つのメジャー大会で準決勝に進出、年の後半には DNK karriganが加入しました。この年 DNK deviceは初めてTop 20 Playersに名を連ねます。

    2015年に DNK Team SoloMidに移籍、チームにとって飛躍の年となり、DNK deviceは1年を通してRating 1.15で終え、このランキングでTop 3に大躍進しました。

    0134

    2742

    2016年はTeam Questionmarkとして、所属チームがない状態でスタート。
    その後現在のチーム DNK Astralisをメンバーらとともに設立しました。

    DNK Astralisとして出場した初めてのイベントDreamHack Leipzigで3-4位となったチームは、リトアニアで開催されたGlobal eSports Cupに出場。DNK deviceはRating 1.22とEVP賞を獲得しました。この大会以降、DNK deviceは全てのイベントでRating 1.00以上を記録しています。

    ESL Barcelonaで2位となったチームは、Rating 1.19で終え2つ目のEVPを獲得しました。

    4518

    IEM Katowiceを3-4位で終えると、Counter Pit S2に出場。
    ここでチームは準優勝となり、DNK deviceもRating 1.02と悪くない数字で終えましたが、チーム内最低評価となりました。

    2016年はじめてのメジャー大会MLG Columbusは、惜しくも準決勝で敗退します。
    それでも DNK deviceはRating 1.17と、全てのカテゴリで安定したパフォーマンスを魅せました。

    次のDreamHack Masters Malmoでもチームは失望した結果に終わってしまいます。
    デンマークのライバル DNK Team Dignitasに敗れた後、SWE Ninjas in PyjamasにもBO3で敗れてしまい、最下位に近い9-13位でこの大会を去ります。

    DreamHack Mastersの後、チームはESL Pro League S3 Finalsに出場。この大会を7-8位で終えますが、DNK deviceはRating 1.27を記録。そして今大会が DNK cajunb最後のイベントとなりました。かわりに DNK Kjaerbyeが加入します。

    ELEAGUE S1のグループステージに出場すると、チームは1位通過でPlayoffs進出。
    DreamHack Summerでは再び SWE Ninjas in Pyjamasに敗れ準決勝敗退。
    それでもやはり DNK deviceは、どちらもRating 1.20以上を記録していました。

    7月には2016年2度目のメジャー大会ESL One Cologneに出場、DNK Kjaerbyeがルール上出場できないことから DNK gla1veがスタンドインしていましたが、それでもPlayoffs進出を果たします。DNK deviceは安定してRating 1.22とADR 86.6、チーム内最高評価選手を獲得。また DNK gla1veは、後に DNK karriganと置き換えられ、正式に加入します。

    7953

    DNK karriganにかわって加入した DNK gla1veは、チームに新たな息吹をもたらしました。
    新インゲームリーダーのgla1veとともに出場した初のイベントはIEM Oakland。

    再びビッグイベントでBest 4進出を果たし、今年の終わりに向けて大きな結果を残すことになります。

    ELEAGUE S2でチームは2016年3度目となる決勝進出。
    DNK deviceもRating 1.14を記録しましたが、惜しくも NA OpTic Gamingに敗れ、チャンピオンの座を奪われます。

    6488

    しかし DNK Astralisがリベンジを果たすこととなったのはそのわずか8日後。
    ECS S2 Finalsの決勝で再び同じ組み合わせになり、DNK Astralisは2016年唯一となるビッグトーナメント優勝を果たし、最高の形で2016年は幕を閉じました。
    DNK deviceもこの年最高となる驚異的なRating 1.34 / KPR 0.89を記録、大会MVPに輝きました。

    5504

    2016年の DNK deviceは、2つの中規模イベント(ESL BarcelonaとGlobal eSports Cup)でEVPを獲得、さらに大規模なイベントELEAGUE S2でもEVPを獲得し、チャンピオンとなったECS S2 Finalsでは大会MVPを獲得しました。

    これに加えて、IEM KatowiceやIEM Oakland、さらに2つのメジャー大会などビッグイベントにおいても素晴らしい個人成績と記録を残しています。その結果、全選手中2番目に高いRating 1.20を記録しました。

    今年出場したイベントを見てみると、驚異的な一貫したパフォーマンスで高いRatingを記録し、プレーしたMAPの73%でRating 1.00以上、さらに52%で1.15を超えています。

    全ラウンドの20.6%でMulti-Killsを獲得(全プレーヤー中4位)、Opening Killsは0.13で8位に、さらにその57%でOpening Killsを成功させています。
    2016年は51の1vsX Clutchを成功させ、これも第3位にランクインしました。

    ただ、重要な試合におけるRating 1.05がTop 10の中でも最も低い数値であり、Top 20 Playersで1位または2位となれなかった要因でした。
    deviceが予想する、2017年のTop 20 Playersに入る選手
    SWE William "draken" Sundin (Epsilon eSports)

    Top 20 players of 2016: device (3)

    このページのトップヘ