もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    ESL_One_Cologne

    DEIXqsbW0AEiHhZ
    Electronic Sports League

    DEU ドイツ・ケルンで開催されていた ESL One Cologne 2017BRA SK Gamingが優勝しました。

    BRA SK Gamingは先月末のECS S3 Finalsに続くビッグトーナメント優勝、さらにESL One Cologneは昨年に続いて2連覇を果たしました。

    またSK Gamingは、今年既に5つ目のトーナメント優勝となりました。
    (cs_summit, IEM Sydney, DreamHack Summer, ECS S3 Finals)

    今回優勝したSK Gamingは、Intel Grand Slamの1つ目のタイトルを獲得しました。今後9つの対象イベントで3つのタイトルを獲得すると、ボーナスとして100万ドル(約1.1億円)が贈られます。

    最終順位 (獲得賞金額)

    • 1位: BRA SK Gaming (約1100万円) ***
    • 2位: USA Cloud9 (約450万円)
    • 3-4位: CIS Natus Vincere (約220万円)
    • 3-4位: EU FaZe Clan (約220万円)
    • 5-8位: USA OpTic Gaming (約110万円)
    • 5-8位: USA Team Liquid (約110万円)
    • 5-8位: SWE Ninjas in Pyjamas (約110万円)
    • 5-8位: FRA G2 Esports (約110万円)
    • 9-11位:EU mousesports (約60万円)
    • 9-11位: SWE Fnatic (約60万円)
    • 9-11位: DNK North (約60万円)
    • 12-14位: BRA Immortals (約30万円)
    • 12-14位: DNK Heroic (約30万円)
    • 12-14位: TUR Space Soldiers (約30万円)
    • 15-16位: CHN TyLoo (約10万円)
    • 15-16位: POL Virtus.Pro (約10万円)

    *** 今大会の優勝チームの賞金は10万ドルですが、SK Gamingは決勝戦の試合中、テクニカル・ポーズ中に禁止されているチームチャットを行ったことからESLから警告を受けており、この違反により罰金《賞金から減額》が発生している可能性があります。減額された分の賞金は他の15チームに再分配されるとのことです。タクティカル・ポーズを除いて、技術的な問題が発生した場合のポーズ中に、戦術的なコミュニケーションを行うことはルール上禁止されています。



    HLTV.orgの選ぶ大会MVPは、BRA FalleNが獲得しました。
    FalleNはDreamHack Austin 2016に続いて自身2度目の大会MVP獲得です。

    Cloud9 vs. SK at ESL One Cologne 2017 | HLTV.org

    cologne_social_image

    ESL One Cologne 2017 が7月4日開幕します。

    今年のESL One Cologneはメジャー大会ではない通常のイベントとして開催され、Intel Grand Slamの対象となる初イベントです。

     ESL One Cologne 2017

    2014年から4年連続開催となるESL One Cologneは、DEU ドイツ・ケルンにあるランクセス・アリーナをメイン会場として、7月4日~9日に開催されます。

    Lanxess-Arena,_Köln-7892

    pic-29598

    出場するのは招待された12チームと、ヨーロッパ・北米・中国予選通過チームを合わせた合計16チーム、また先日 SWE Ninjas in Pyjamasのラインナップを離れた SWE fribergが、アナリストとして解説者デスクに加わります。

    大会の賞金総額は25万ドル(約2800万円)です。

    出場チーム

    • USA Cloud9
    • EU FaZe Clan
    • SWE Fnatic (2015年大会チャンピオン)
    • FRA G2 Esports
    • BRA Immortals
    • EU mousesports
    • CIS Natus Vincere
    • SWE Ninjas in Pyjamas (2014年大会チャンピオン)
    • DNK North
    • USA OpTic Gaming
    • BRA SK Gaming (2016年大会チャンピオン)
    • POL Virtus.Pro
    • DNK Heroic (ヨーロッパ予選)
    • TUR Space Soldiers (ヨーロッパ予選)
    • USA Team Liquid (北米予選)
    • CHN TyLoo (中国予選)

    試合スケジュール (日本時間)

    ESL One Cologne 2017は、グループステージでスイス式トーナメントを採用します。
    グループステージ(Round 1 ~ Round 5)の対戦表は以下のとおりです。
    (試合は前の試合が終了次第スタートするため、開始時間は前後します)

    • Round 1 結果 (マウスオーバーで表示) EU mousesports [16:11] SWE Fnatic
      EU FaZe Clan [16:14] DNK Heroic
      BRA Immortals [16:12] POL Virtus.Pro
      BRA SK Gaming [14:16] TUR Space Soldiers
      SWE Ninjas in Pyjamas [16:12] USA Cloud9
      CHN TyLoo [9:16] FRA G2 Esports
      CIS Natus Vincere [7:16] USA Team Liquid
      DNK North [9:16] USA OpTic Gaming
    • Round 2 結果 (マウスオーバーで表示) BRA SK Gaming [16:9] POL Virtus.Pro
      SWE Fnatic [16:6] DNK Heroic
      USA Cloud9 [32:34] CIS Natus Vincere
      CHN TyLoo [6:16] DNK North
      EU mousesports [16:12] EU FaZe Clan
      TUR Space Soldiers [9:16] USA OpTic Gaming
      FRA G2 Esports [6:16] SWE Ninjas in Pyjamas
      BRA Immortals [15:19] USA Team Liquid
    • Round 3 結果 (マウスオーバーで表示) DNK Heroic [16:9] POL Virtus.Pro
      CHN TyLoo [9:16] USA Cloud9
      TUR Space Soldiers [9:16] CIS Natus Vincere
      DNK North [10:16] BRA SK Gaming
      BRA Immortals [7:16] FRA G2 Esports
      SWE Fnatic [12:16] EU FaZe Clan
      SWE Ninjas in Pyjamas [16:10] EU mousesports
      USA Team Liquid [16:5] USA OpTic Gaming
    • Round 4 結果 (マウスオーバーで表示) TUR Space Soldiers [3:16] SWE Fnatic
      DNK Heroic [14:16] DNK North
      USA Cloud9 [16:14] BRA Immortals
      CIS Natus Vincere [16:4] EU mousesports
      BRA SK Gaming [11:16] FRA G2 Esports
      EU FaZe Clan [10:16] USA OpTic Gaming
    • Round 5 結果 (マウスオーバーで表示) SWE Fnatic [6:16] BRA SK Gaming
      USA Cloud9 [22:20] EU mousesports
      DNK North [7:16] EU FaZe Clan
    • 各チームのスコア (マウスオーバーで表示) 3-0 (準々決勝進出)
      USA Team Liquid
      SWE Ninjas in Pyjamas

      3-1 (準々決勝進出)
      FRA G2 Esports
      USA OpTic Gaming
      CIS Natus Vincere

      3-2 (準々決勝進出)
      BRA SK Gaming
      EU FaZe Clan
      USA Cloud9

      2-3 (敗退)
      EU mousesports
      SWE Fnatic
      DNK North

      1-3 (敗退)
      BRA Immortals
      DNK Heroic
      TUR Space Soldiers

      0-3 (敗退)
      CHN TyLoo
      POL Virtus.Pro

  • 7日17:00~ CIS Natus Vincere [2:0] FRA G2 Esports (BO3, 準々決勝)
  • 7日20:50~ SWE Ninjas in Pyjamas [1:2] USA Cloud9 (BO3, 準々決勝)
  • 8日00:40~ EU FaZe Clan [2:0] USA Team Liquid (BO3, 準々決勝)
  • 8日04:30~ USA OpTic Gaming [1:2] BRA SK Gaming (BO3, 準々決勝)

  • 8日23:00~ CIS Natus Vincere [0:2] USA Cloud9 (BO3, 準決勝)
  • 9日02:50~ EU FaZe Clan [0:2] BRA SK Gaming (BO3, 準決勝)

  • 9日23:00~ USA Cloud9 vs. BRA SK Gaming (BO5, 決勝)

  • Watch live video from ESL_CSGO on www.twitch.tv
    ESL One Cologne 2017

    cologne_social_image

    7月4日~9日に DEU ドイツ・ケルンで開催されるESL One Cologne 2017のグループステージでは、スイス式トーナメントを採用することが発表されました。


    スイス式トーナメント (スイス・フォーマット)

    CS:GOにおいては、2016年のメジャー大会 ESL One Colonge 2016メイン予選にて初めてこのトーナメント方式が採用されました。

    2017年1月のメジャー大会 ELEAGUE Major: Atlanta 2017 では本戦のグループステージでも採用されたほか、IEM Sydney 2017StarLadder i-League S3など多くの大会で採用されるようになりました。

    しかしながら、IEM Sydneyのような8チーム出場の大会では、スイス・フォーマットは採用するべきではないとの声も挙がっていました。

    そのため今回、ESL One Cologne 2017のグループステージフォーマットを決めるにあたって、出場する16チームに従来のGSL formatもしくはスイス式トーナメントかを選択してもらったそうです。

    結果、GSL format 6票に対して、スイス式には10票集まり、採用が決定しました。

    ESL One Colonge 2017 大会スケジュール

    • 7月4日19:00~ Group Stage (BO1)
    • 7月5日19:00~ Group Stage (BO1)
    • 7月6日19:00~ Group Stage (BO1)

    • 7月7日17:00~ 準々決勝 #1 (BO3)
    • 7月7日20:50~ 準々決勝 #2 (BO3)
    • 7月8日00:40~ 準々決勝 #3 (BO3)
    • 7月8日04:30~ 準々決勝 #4 (BO3)

    • 7月8日23:00~ 準決勝 #1 (BO3)
    • 7月9日02:50~ 準決勝 #2 (BO3)

    • 7月9日23:00~ 決勝 (BO5)

    ESL One Cologne format revealed | HLTV.org

    cologne_social_image

    ESL One Colonge 2017に出場する全チームが決定しました。
    招待される12チームに加え、予選を通過した4チームが出場します。

    なお、ESL One Cologneは2014年/2015年/2016年と3年連続でCS:GO Major Championship (メジャー大会)として開催されてきましたが、今年はメジャー大会ではない通常のイベントとして開催されます。

    よって、ValveスポンサードでななくESL単独の開催となるため、チームステッカーの販売や試合観戦による記念アイテムのドロップはありません。(直後に開催されるPGL Majorはステッカー販売/ドロップの対象となります)

     ESL One Cologne 2017

    ESL One Cologne 2017は昨年同様、DEU ドイツ・ケルンにあるランクセス・アリーナ(収容人数:18000人)をメイン会場として開催します。

    賞金総額は25万ドル(約2800万円)ですが、内訳はまだ公表されていません。

    Lanxess-Arena,_Köln-7892

    pic-29598
    (2015年の様子)

    7月16日~23日に開催されるメジャー大会PGL Major: Krakow 2017の約1週間前の開催ということもあり、DNK Astralisはメジャー大会2連覇を目指すため、(おそらく招待されていたものの)ESL One Cologne 2017を辞退したことを明らかにしています。

    出場チーム

    • USA Cloud9
    • EU FaZe Clan
    • SWE Fnatic (2015年大会チャンピオン)
    • FRA G2 Esports
    • BRA Immortals
    • EU mousesports
    • CIS Natus Vincere
    • SWE Ninjas in Pyjamas (2014年大会チャンピオン)
    • DNK North
    • NA OpTic Gaming
    • BRA SK Gaming (2016年大会チャンピオン)
    • POL Virtus.Pro
    • DNK Heroic (ヨーロッパ予選)
    • TUR Space Soldiers (ヨーロッパ予選)
    • USA Team Liquid (北米予選)
    • CHN TyLoo (中国予選)

    試合スケジュールなどは公開され次第お知らせします。

    ESL One Cologne 2017

    eslcsgostatement_0

    先日お伝えしたESLによる独自のVAC BANルールは、ESL OneやESL Pro League, IEMなど全てのESLイベントで適用されることが明らかになりました。

    【関連記事】

    2年ルールが全ESLイベントで適用へ

    HLTV.orgによると、ESLはVAC BANされたユーザーに関するルールを変更し、イベントへの出場が禁止されるのは過去2年以内に発行されたVAC BANに限るとのことです。VAC BANから2年経過したユーザーはESL主催イベントに出場可能となります。

    "ESLが主催するイベント"には、Intel Extreme MastersやESL One、ESL Pro League (Season 6から)などのトップクラスのイベントが含まれています。

    この新ルールが適用される初のイベントが、先日お伝えしたIEM Sydneyのオーストラリア予選となり、当初この予選のみの特例ルールかと思われましたが、本戦でも適用されることになります。

    唯一の例外として、ESLが主催する場合でもValveスポンサード大会"CS:GO Major Championship (メジャー大会)"として開催される場合、このルールは適用されません。
    ValveはVAC BAN/八百長問わず、永久的にこういったイベントからは除外されるべきであるとの方針を変えていないため、ESLの独自ルールは適用外にあります。

    しかしながら、ESLは昨年のESL One Cologne 2016以降メジャー大会を開催しておらず、2017年2度目のメジャー大会もPGLが主催することが決定しました。

    ESL One Cologne 2017がメジャー大会から外されたのは、こういったValveの方針とは異なるESL独自ルールの適用が行われたからかもしれません。

    【追記】
    ESLは追加情報として、ESL独自アンチチート"ESL Wire"によって検知された場合は2年間のESL BANが科せられており、VACによって検知されたBANもこの枠組に含めることでCS:GOプラットフォーム全体のBANについて一貫性をもたせる、と述べています。

    SWE emilio, FRA KQLY, FRA Sf

    6902

    オンライントーナメントの試合中にVAC BANされた、当時 SWE Team Propertyの SWE emilioや、2014年のメジャー大会DreamHack Winter 2014直前にVAC BANされ話題になった当時 FRA Titan eSportsの FRA KQLY、FRA Epsilon eSportsの FRA Sfといったプレイヤーは、既にVAC BANから2年以上経過しているため、今後ESLの主催するイベントに出場することが可能になります。

    KQLYはHLTV.orgのインタビューに対して、『私たちにもう一度チャンスを与えてくれたことは本当にうれしく思います。しかし、ESLのトーナメントでプレーすることが許されても、信頼してくれる人や加入させてくれる組織を見つけることは非常に困難だと思います。』答えています。

    他のイベント主催者は、このようなESLルールを採用していないため、一度VAC BANされているユーザーは出場することはできません。

    よってVAC BANから2年以上経過したとはいえ、FRA KQLYらのようなプレイヤーがトップチームに加入することはほぼ不可能と見られます。

    KQLYのVAC BAN以降、当時所属していた FRA Titanはスポンサーの撤退などから資金不足に陥り、2016年1月に組織ごと解散に至りました。

    また今回のESLのルール変更に対して、当然ながらプロ選手から批判の声が挙がっています。また、VAC BANユーザーを2年後に大会に出場させる前に、八百長試合の結果、全てのイベントからBANされている元 USA iBUYPOWERのメンバー(DaZeD, swag, steelら)こそが恩赦されるべきだとの声もあります。


    仮に元 USA iBUYPOWERのメンバーらも同様にESLイベントに出場することが可能になったとしても、"ESL"が主催するイベントに過ぎません。

    DreamHack, FACEIT, ELEAGUE, PGL, Gfinity, StarLadder, MLGといった数多くの主催者が存在する中、1つの主催者から出場を許されたとしても、依然として出場できるイベントには限りがあるため、前述の通りトップチームに加入できる可能性は皆無だと見られます。

    個人的にはVAC BANであっても八百長であっても、こういったトップレベルのトーナメントからは永久的に出場禁止されるべきだと思います。

    10年以上の歴史ある世界最大の競技的eSportsイベント主催者が、なぜ突然このようなルール変更を行ったのか、理解に苦しみます。

    ESL One & EPL VAC rules changed

    esl-one-cologne2016

    2016年2度目のメジャー大会として開催されたESL One Cologne 2016の
    ピーク視聴者数が前メジャー大会に比べ、約50万人減少していることが明らかになりました。

    今回のESL One Cologne 2016のピーク視聴者数は
    決勝戦 Brazil SK Gaming vs. UnitedStates Team Liquidの第2MAPで記録した85万6096人でした。

    この人数はTwitch.tv等外部ストリーミングサイトと、GOTVを合わせた数です。

     過去最高は134万9326人

    昨年開催されたメジャー大会ESL One Katowice 2015では
    決勝 Sweden Ninjas in Pyjamas vs. Sweden Fnatic戦では、最終第3MAPまでもつれ込み、
    最終MAPで98万581人を記録しました。

    さらにその次のメジャー大会ESL One Cologne 2015の決勝戦
    Sweden Fnatic vs. France EnVyUsでは第2MAPで124万8820人を記録しました。

    初めてアメリカで開催された、2016年1回目のメジャー大会MLG Columbus 2016でも
    決勝戦 CIS Natus Vincere vs. Brazil Luminosity Gamingで過去最高の134万9326人を記録。

    そして今大会ESL One Cologne 2016のピーク85万6096人
    MLG Columbusの最高記録と比べて約50万人減少していることになります。


    原因としてコミュニティ上では、
    Blizzard Entertainmentが発売したFPSタイトル"Overwatch"の影響ではないかという声や
    ヨーロッパの人気チーム Sweden Fnaticや Sweden Ninjas in Pyjamas、Poland Virtus.Proらが
    早い段階で敗退したため、視聴するファンが減ってしまったという声もありました。
  • 5月のCS:GO平均プレーヤー数が過去最大の下げ幅を記録、Overwatchの影響か

  • また、決勝戦は北米 vs. 南米という初の対決が実現したものの、
    大会は Germany ドイツ・ケルンで行われているため、
    アメリカのファンが視聴する場合、決勝戦は午前8時~11時頃となり
    結果として最も盛り上がるはずの決勝戦の視聴者が減ってしまったのではないだろうかという声もありました。

    Sweden Ninjas in Pyjamasに所属する Sweden fribergはTwitterでこの件について言及し、
    今回のメジャー大会の直前2週間以内にDreamHack Summer 2016や
    ECS S1 Finalsなどのビッグイベントが次々に開催された事が理由ではないかとしています。

    現状、CS:GO最高峰の大会として位置しているメジャー大会"CS:GO Major Championship" の直前は1ヶ月ほどイベントを控えるべきという声もありました。

    The viewer peak this Major was at 850k, 500k less than the last Major.

    2016y07m09d_134202589

    メジャー大会CS:GO Major Championship: ESL One Cologne 2016
    Brazil SK Gamingが優勝、メジャー大会2連覇を果たしました。
    (前回はLuminosity Gamingとして出場)

    メジャー大会2連覇は Sweden Fnaticに次ぐ史上2チーム目となります。

    今大会では、メジャー大会の決勝戦に初めて北米チームが進出、
    初の北米 vs. 南米という対決が実現しました。
    また、全メジャーに出場し、すべての大会でBest 8(Legends)入りを果たしていた、
    Sweden Ninjas in Pyjamasがまさかのグループステージ敗退となっています。

    ESL One Cologne 2016
  • 1位: Brazil SK Gaming - 約5100万円
  • 2位: UnitedStates Team Liquid - 約1520万円
  • 3-4位: Sweden Fnatic - 約710万円
  • 3-4位: Poland Virtus.Pro - 約710万円
  • 5-8位: Denmark Astralis - 約360万円
  • 5-8位: Ukraine FlipSid3 Tactics - 約360万円
  • 5-8位: CIS Natus Vincere - 約360万円
  • 5-8位: Russia Gambit Gaming - 約360万円
  • 9-12位: Denmark Team Dignitas - 約90万円
  • 9-12位: Sweden Ninjas in Pyjamas - 約90万円
  • 9-12位: Germany mousesports - 約90万円
  • 9-12位: Europa FaZe Clan - 約90万円
  • 13-16位: UnitedStates Counter Logic Gaming - 約90万円
  • 13-16位: Canada OpTic Gaming - 約90万円
  • 13-16位: France G2 Esports - 約90万円
  • 13-16位: France EnVyUs - 約90万円

  • 1-8位チームは、次回のメジャー大会にLegendsチームとして出場権が与えられており、
    9-16位チームは、次回のメジャー大会メイン予選の出場権が与えられています。

    次回のメジャー大会はまだ発表されていませんが、今年中に開催される可能性が高いです。

    ESL One Cologne 2016 大会詳細
    SK beat Liquid to win Cologne Major

    このページのトップヘ