もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    ESL_One_New_York

    DJ9DQG5UQAAKkf2

    USA アメリカ・ニューヨークで開催されていた ESL One New York 2017EU FaZe Clanが USA Team Liquidを3-0で下し(Bo5)、優勝しました。

    FaZe Clanは7月に開催されたメジャー大会 PGL Major: Krakow 2017 での大敗を受けて、UKR Natus Vincereから SVK GuardiaN、SWE Fnaticから SWE olofmeisterを獲得。

    新ラインナップとなって1ヶ月でのタイトル獲得、チームとしても今年4月のStarLadder i-League StarSeries Season 3ぶりとなるトーナメント優勝です。

    また SVK GuardiaNは、Natus Vincereから出場し優勝したESL One New York 2016以来のトーナメント優勝にして、同大会2連覇となりました。

    今大会のMVPには BIH NiKoが選ばれています。

    最終順位 (獲得賞金額)

    • 1位: EU FaZe Clan
    • 2位: USA Team Liquid
    • 3-4位: BRA SK Gaming
    • 3-4位: USA Cloud9
    • 5-6位: UKR Natus Vincere
    • 5-6位: DNK Astralis
    • 7-8位: FRA Team EnVyUs
    • 7-8位: POL Virtus.Pro

    ESL One New York 2017はIntel Grand Slam Season 1の対象イベントです。
    今大会終了時点で、BRA SK Gaming, FRA G2 Esports, EU FaZe Clanがそれぞれ1勝利ずつ収めています。

    ny_social_image

    ESL One New York 2017USA アメリカ・ニューヨークにある「バークレイズ・センター」で9月16日~18日に開催されます。

    なお、大会前日となる日本時間9月15日に、CS:GOアップデートがリリースされましたが、ゲームプレイに影響を及ぼす変更が加えられているため、今大会ではアップデート前のパッチを使用します。

    ESL One New York 2017

    20161001_Patrick-Strack_ESLOneNY16_070A1868
    (2016年大会の様子)

    今大会に出場するのは、招待される6チームと、ヨーロッパと北米の予選を通過した2チーム(Team EnVyUs, Cloud9)をあわせた計8チームです。

    昨年はスイス式トーナメントによる開催でしたが、8チーム出場という比較的小規模な大会には適していないとの指摘があったため、今年は通常の4チーム x 2グループに分かれるGSL方式で開催されることになりました。

    今大会の賞金総額は25万ドル(約2700万円)です。
    さらに Intel Grand Slam Season 1 の対象となる3つ目のイベントです。

    先日 USA Cloud9のラインナップを外れた USA n0thingが、アナリストとしてデスクに就きます。

    グループ分け

    Group A Group B
    BRA SK Gaming EU FaZe Clan
    USA Cloud9 DNK Astralis
    UKR Natus Vincere USA Team Liquid
    FRA Team EnVyUs POL Virtus.Pro

    試合スケジュール (日本時間)

    • 16日00:00~ BRA SK Gaming [16:12] FRA Team EnVyUs
    • 16日00:00~ EU FaZe Clan [16:5] POL Virtus.Pro
    • 16日01:10~ USA Cloud9 [16:13] UKR Natus Vincere
    • 16日01:10~ DNK Astralis [16:13] USA Team Liquid
    • 16日02:20~ BRA SK Gaming [16:5] USA Cloud9 (Winners match)
    • 16日02:20~ EU FaZe Clan [16:6] DNK Astralis (Winners match)
    • 16日03:30~ FRA Team EnVyUs [0:2] UKR Natus Vincere (Elimination match)
    • 16日03:30~ POL Virtus.Pro [1:2] USA Team Liquid (Elimination match)
    • 16日07:00~ USA Cloud9 [2:0] UKR Natus Vincere (Decider match, Bo3)
    • 16日07:00~ DNK Astralis [1:2] USA Team Liquid (Decider match, Bo3)

    • 17日01:00~ BRA SK Gaming [1:2] USA Team Liquid (準決勝, Bo3)
    • 17日04:30~ EU FaZe Clan [2:0] USA Cloud9 (準決勝, Bo3)

    • 18日03:00~ USA Team Liquid vs. EU FaZe Clan ( 決勝, Bo5)

    Watch live video from ESL_CSGO on www.twitch.tv

    ESL One New York 2017 - SCHEDULE

    ny_social_image

    ESL One New York 2017に出場する全8チームが決定しました。

    ESL One New York 2017

    9月14日~17日に USA アメリカ・ニューヨークにある「バークレイズ・センター」をメイン会場として開催される今大会は、昨年開催された同大会に続いて2年連続2度目の開催となります。

    出場するのは招待される6チームと、ヨーロッパ・北米予選から2チームです。

    出場チーム
    • DNK Astralis
    • EU FaZe Clan
    • USA Team Liquid
    • CIS Natus Vincere
    • BRA SK Gaming
    • POL Virtus.Pro
    • FRA Team EnVyUs (ヨーロッパ予選)
    • USA Cloud9 (北米予選)

    【ESL One New York 2017 クローズド予選が19~20日に開催】
    【ESL One New York 2016 でNatus Vincereが優勝】

    試合スケジュールなど詳しい情報は公開され次第お伝えします。

    Cloud9 book ESL One New York spot | HLTV.org

    ny_social_image

    USA アメリカ・ニューヨークで9月14日~17日に開催される ESL One New York 2017 のオンラインクローズド予選が今月19, 20日に行われます。

    ヨーロッパ・北米で開催される予選にはそれぞれ8チームずつが出場し、内7チームはクローズド予選に招待、残る1チームはESEA上で実施されるオープン予選を通過したチームが出場します。

     ESL One New York 2017

    ESL One New York 2017は賞金総額25万ドル(約2700万円)、合計8チームが出場し、USA アメリカ・ニューヨーク州ニューヨーク「バークレイズ・センター」で開催されます。

    【ESL One New York 2017の開催が決定】

    20161001_Patrick-Strack_ESLOneNY16_070A1868
    (2016年大会の様子)

    本戦招待チーム
    • DNK Astralis
    • EU FaZe Clan
    • USA Team Liquid
    • UKR Natus Vincere
    • BRA SK Gaming
    • POL Virtus.Pro

    8月19日~20日に行われるクローズド予選には以下のチームが出場、両日とも日本時間19時スタート、それぞれ準決勝からはじまり、すべてBO3で進行されます。

    ヨーロッパ・北米のクローズド予選を勝ち抜いた2チームは、本戦出場権を獲得します。

    ヨーロッパ予選出場チーム
    • FRA G2 Esports
    • KAZ Gambit Esports
    • SWE Ninjas in Pyjamas
    • EU HellRaisers
    • FRA Team EnVyUs
    • DEU BIG
    • CIS FlipSid3 Tactics
    • EU オープン予選通過チーム

    北米予選出場チーム
    • USA Cloud9
    • BRA Immortals
    • USA OpTic Gaming
    • USA Counter Logic Gaming
    • USA Misfits
    • USA NRG Esports
    • AUS Renegades
    • NA オープン予選通過チーム

    The team invites and schedule are set for the ESL One New York closed qualifier!

    eslcsgostatement_0

    先日お伝えしたESLによる独自のVAC BANルールは、ESL OneやESL Pro League, IEMなど全てのESLイベントで適用されることが明らかになりました。

    【関連記事】

    2年ルールが全ESLイベントで適用へ

    HLTV.orgによると、ESLはVAC BANされたユーザーに関するルールを変更し、イベントへの出場が禁止されるのは過去2年以内に発行されたVAC BANに限るとのことです。VAC BANから2年経過したユーザーはESL主催イベントに出場可能となります。

    "ESLが主催するイベント"には、Intel Extreme MastersやESL One、ESL Pro League (Season 6から)などのトップクラスのイベントが含まれています。

    この新ルールが適用される初のイベントが、先日お伝えしたIEM Sydneyのオーストラリア予選となり、当初この予選のみの特例ルールかと思われましたが、本戦でも適用されることになります。

    唯一の例外として、ESLが主催する場合でもValveスポンサード大会"CS:GO Major Championship (メジャー大会)"として開催される場合、このルールは適用されません。
    ValveはVAC BAN/八百長問わず、永久的にこういったイベントからは除外されるべきであるとの方針を変えていないため、ESLの独自ルールは適用外にあります。

    しかしながら、ESLは昨年のESL One Cologne 2016以降メジャー大会を開催しておらず、2017年2度目のメジャー大会もPGLが主催することが決定しました。

    ESL One Cologne 2017がメジャー大会から外されたのは、こういったValveの方針とは異なるESL独自ルールの適用が行われたからかもしれません。

    【追記】
    ESLは追加情報として、ESL独自アンチチート"ESL Wire"によって検知された場合は2年間のESL BANが科せられており、VACによって検知されたBANもこの枠組に含めることでCS:GOプラットフォーム全体のBANについて一貫性をもたせる、と述べています。

    SWE emilio, FRA KQLY, FRA Sf

    6902

    オンライントーナメントの試合中にVAC BANされた、当時 SWE Team Propertyの SWE emilioや、2014年のメジャー大会DreamHack Winter 2014直前にVAC BANされ話題になった当時 FRA Titan eSportsの FRA KQLY、FRA Epsilon eSportsの FRA Sfといったプレイヤーは、既にVAC BANから2年以上経過しているため、今後ESLの主催するイベントに出場することが可能になります。

    KQLYはHLTV.orgのインタビューに対して、『私たちにもう一度チャンスを与えてくれたことは本当にうれしく思います。しかし、ESLのトーナメントでプレーすることが許されても、信頼してくれる人や加入させてくれる組織を見つけることは非常に困難だと思います。』答えています。

    他のイベント主催者は、このようなESLルールを採用していないため、一度VAC BANされているユーザーは出場することはできません。

    よってVAC BANから2年以上経過したとはいえ、FRA KQLYらのようなプレイヤーがトップチームに加入することはほぼ不可能と見られます。

    KQLYのVAC BAN以降、当時所属していた FRA Titanはスポンサーの撤退などから資金不足に陥り、2016年1月に組織ごと解散に至りました。

    また今回のESLのルール変更に対して、当然ながらプロ選手から批判の声が挙がっています。また、VAC BANユーザーを2年後に大会に出場させる前に、八百長試合の結果、全てのイベントからBANされている元 USA iBUYPOWERのメンバー(DaZeD, swag, steelら)こそが恩赦されるべきだとの声もあります。


    仮に元 USA iBUYPOWERのメンバーらも同様にESLイベントに出場することが可能になったとしても、"ESL"が主催するイベントに過ぎません。

    DreamHack, FACEIT, ELEAGUE, PGL, Gfinity, StarLadder, MLGといった数多くの主催者が存在する中、1つの主催者から出場を許されたとしても、依然として出場できるイベントには限りがあるため、前述の通りトップチームに加入できる可能性は皆無だと見られます。

    個人的にはVAC BANであっても八百長であっても、こういったトップレベルのトーナメントからは永久的に出場禁止されるべきだと思います。

    10年以上の歴史ある世界最大の競技的eSportsイベント主催者が、なぜ突然このようなルール変更を行ったのか、理解に苦しみます。

    ESL One & EPL VAC rules changed

    0215

    ESL One New York 2017の開催が発表されました。

    今年10月に開催されたESL One New York 2016に引き続き、
    同じく UnitedStates アメリカ・ニューヨークにあるバークレイズ・センターで
    2017年9月16日~17日(メイン会場)で開催されます。

    【関連ニュース】
    20578fc0-s

    barclaysinside

    さらにESLは2017年~2020年までの今後4年間、
    バークレイズ・センターでイベントを開催することを決定しています。

    CtzywDGXgAAxezM

    UnitedStates アメリカ・ニューヨークのバークレイズ・センターで開催されていた
    ESL One New York 2016CIS Natus Vincereが優勝しました。

     最終順位

    • 1位: CIS Natus Vincere(約1250万円)
    • 2位: Poland Virtus.Pro (約500万円)
    • 3-4位: Brazil SK Gaming (約250万円)
    • 3-4位: UnitedStates Team Liquid (約250万円)
    • 5位: NorthAmerica OpTic Gaming (約100万円)
    • 6位: Sweden Fnatic (約70万円)
    • 7位: Denmark Astralis (約50万円)
    • 8位: France G2 Esports (約30万円)

     Insane Frags

    ESL One New York 2016

    このページのトップヘ