もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    Hiko

    23312203046_5dc0d3f52e

    USA Rogueが新たにCS:GOチームとの契約を発表しました。

    以前は DNK cadiaNや DNK tenzkiらが加入するヨーロッパチームでしたが、今回は北米の選手のみで構成されるチームとなっています。
    なお現時点ではメンバーは4名のみ発表され、第5の選手についてはまだ不明です。

    USA Rogue

    • USA Hiko (元Team Liquid)
    • USA Shinobi (元Enigma6 Group)
    • USA vice (元Enigma6 Group)
    • USA wrath (元Enigma6 Group)
    • CAN Grt (Coach)

    USA Team Liquidの USA Hikoは、一旦 USA OpTic Gamingにスタンドインしたものの、すぐにラインナップを外れフリーとなっていました。

    USA Enigma6 Groupは、ESL Pro League Season 6のスポットを確保しているものの、ESL Pro Leagueの出場権は基本的に選手ではなくチームに付与されるため、今回のメンバー移籍にともなって出場権が移籍先の選手らに譲られるのかどうかは不明です。

    TLCSGOGroup

    現在無所属となっている元 USA Team Liquidの USA Hikoが自身のTwitch配信上で、過去にブラジル人から数多くの脅迫を受け、トーナメントでブラジルを訪れた際には2名のボディーガードが24時間体制で付き添っていたことを明らかにしました。

    USA Team Liquid vs. BRA Luminosity Gaming

    事の発端はアメリカで2015年11月に開催されたRGN Pro Seriesにありました。

    16チームが出場したこの大会で、USA Hikoの所属する USA Team LiquidはグループCを1位通過でグループステージ突破、Playoffsに進出しました。

    現在の BRA SK Gamingのメンバーが3名在籍する当時の BRA Luminosity Gamingも同様に、グループDを1位通過でPlayoffs進出。

    両者は準決勝に進出、USA Team Liquid vs. BRA Luminosity Gamingの対決となりましたが、問題はこの試合で起きました。

    試合中、ステージに上がっていたカメラマンが、BRA Luminosity Gamingの BRA ferのPCの電源を誤って切ってしまいました。(電源コードに引っかかった?)

    多くのCS:GOイベントのルール上、既にKillが発生したあとでプレイヤーに問題が生じ、ゲームから切断されたとしても、ラウンドはそのまま続行されることになっています。

    BRA ferがゲームから突然切断された時点で既にKillが発生していたため、イベントの主催者Reliable Gaming Networkも同様に、ラウンドを続行する決定を下しましたが、BRA Luminosity Gaming側がこれに猛反発。

    USA Team Liquid側にラウンドのリプレイを要求しましたが、Team Liquid( USA Hiko)らはこれを拒否します。

    ※後のインタビューで主催者RGNは両チームに責任は全くなく、ルールに基づいた決定であるとしていますが、Luminosity Gamingは「ラウンドのリプレイを望むならTeam Liquidと交渉すべき」と言われたためTeam Liquid側に打診した、と語られています。

    またLuminosity Gamingは、このルールは"コンピューターの誤作動や故障による"ものに対して決められたものであり、今回のように人為的に発生した問題については、両チームと主催者で議論し決断するべきだと主張しています。

    この試合は、最終的に2MAPのOverTimeを含む2-1の接戦で USA Team Liquidの勝利となりましたが、試合後に両チームの選手らは握手を拒否し、後の選手の発言も問題となっています。

    この試合後、USA Hikoにはブラジル人からの誹謗中傷が相次ぎ、ついには彼の母親や妹までFacebookを通じて脅迫や殺害予告される事態となりました。

    このような事件があったため、2016年10月のESL Pro League Season 4 Finals ( BRA ブラジル・サンパウロで開催)に出場した USA Team Liquidは USA Hikoに常時2名のボディーガードを付けたとのことです。



    RGN: "Neither team is to blame"
    Liquid: "Players should not decide"
    Luminosity: "Liquid had the choice"

    8892

    USA OpTic Gamingからコーチの BRA peacemakerがチームから去ることを発表しました。
    さらに今日、USA Hikoもラインナップから外れることを明らかにしています。

    両者は先月ラインナップに加わったばかりでした。(当初HikoはTeam Liquidからの移籍だと思われましたが、単なるスタンドインだったようです。またpeacemakerもトライアル採用だったとのこと)


    USA OpTic Gaming

    • CAN NAF
    • USA RUSH
    • ESP mixwell
    • USA tarik

    USA OpTic Gamingはこの後11時20分よりESL Pro League S5 北米部門で USA Rushと対戦しますが、USA Hikoにかわる第5のプレイヤーはまだ明らかになっていません。
    → 本日の試合には USA freakazoidがスタンドインするとのことです。

    OpTic Gamingは昨年、USA tarikをラインナップに加えて以降Northern Arena 2016ELEAGUE Season 2で優勝を果たしましたが、1月のメジャー大会ではLegends入りを逃し、後に CAN slanislawが脱退(直後にTeam Liquidに加入)し、ラインナップが欠けている状態です。

    peacemaker leaves OpTic
    Hiko steps down from OpTic

    800px-Fnatic_at_DH_Open_Winter_2015

    1月22日~29日に行われたメジャー大会 "ELEAGUE Major: Atlanta 2017" は DNK Astralisの初優勝、POL Virtus.Proの約3年ぶり2度目の決勝進出で閉幕しました。

    この大会に出場した全16チーム中、3-4位以下で終えたチームの内10チームが大会後にメンバーを変更しています。
    中には大会前からレポートで噂されていたものもありますが、BIH NiKoの電撃移籍など突然行われた移籍もありました。

    ここ2週間で行われた主要なメンバー変更をまとめてみます。


     CZE oskarがmousesportsに復帰、NLD chrisJがInactiveに (1/30)

    C3W77DOWAAAjCfz


    この変更はELEAGUE Majorの閉幕前に発表されました。

    EU mousesportsは2015年10月のDreamHack Cluj-Napoca以降、全てのメジャー大会に出場していますが、Best 8には一度も進むことはなく、Legend statusを獲得したことはありません。

    19歳という若さでIGLを努め、個人パフォーマンスで言えば世界でもTop 5のプレーヤーに入るであろうNiKoがチームを率いていましたが結果を残せないことから、チームは何度もメンバー変更を行っています。

    CZE oskarが EU HellRaisersから移籍したあと、約1ヶ月で個人的な理由によりoskarがInactiveになりましたが、この度2013年からのメンバー NLD chrisJにかわって復帰することが決定しました。

     CAN stanislawと USA Hikoがトレード、BRA peacemakerもOpTicへ (2/3~7)

    hiko-stanislaw


    ESL One Cologne 2016で UKR s1mpleと共に北米チームとしてメジャー大会初決勝進出を果たしていた USA Team Liquidは今回、9-11位と期待はずれの結果で終えました。

    昨年末にELEAGUE S2で優勝した USA OpTic Gamingも12-14位で敗退し、両チームは選手をトレードすることとなりました。

    また、OpTic Gamingには BRA peacemakerがコーチとして加入します。

     SWE Maikeleleが再び新チームを設立 (2/3)

    a48573e8-s


    BIH pita, SWE wentonと新チームqwertyを形成していた SWE Maikeleleは、qwertyを解散し PRT foxらと再び新チームを形成すると発表しました。

    現在 PRT foxと NOR jkaemがメンバーとして加わっており、今後残るメンバーについても発表されていくと思われます。

     FRA kennyS, FRA NBK-, FRA apEXがG2 Esportsに移籍 (2/4)

    6b452209-s


    昨年末から噂されていたこのシャッフルは、メジャー大会後に行われた一連のメンバー変更の中で、最も期待されるチームでした。

    FRA SmithZzがコーチに転身し、強力なRifler FRA shoxと、世界Top 3 AWPer FRA kennySがついにタッグを組み、次期メジャー大会の有力候補となると思います。

     SWE JW, SWE flushaがFnaticに回帰 (2/4)

    hqdefault


    この変更もメジャー大会前にレポートが公開されていました。

    しかし当初は選手らが否定的なコメントをしていたため、コミュニティ内では信じがたい再移籍として扱われていましたが、結果的にレポート通りの変更が行われています。

    変更後の SWE Fnaticは2015年末~2016年7月まで活動していたラインナップに戻り、今後の活躍に期待されています。

     Team EnVyUsが新ラインナップを発表、後に BEL ScreaMが加入 (2/5~9)

    ChangestoCSGO


    FRA G2 Esportsがフランスのドリームチームを形成し、残るメンバーと FRA Team LDLC.comから FRA xmsが移籍し新Team EnVyUsとなりました。

    当初 FRA Vexed Gamingから FRA devoduvekが移籍しメンバーに加わりましたが、後に BEL ScreaMが加入し置き換えられました。

     BRA felpsがImmortalsからSK Gamingへ、BRA fnxとトレード (2/6)

    FNX_Felps_capa


    SK Gamingにはこれまで PRT foxがスタンドインしていましたが、恒久的なメンバーとして BRA Immortalsから BRA felpsが移籍することになりました。

    felpsが去ったImmortalsには、元SK Gamingの BRA fnxが加入しています。

     DNK AizyがFaZe ClanからNorthへ、BIH NiKoがFaZeへ (2/9~10)

    f107ad45-s


    上記のフランスチームシャッフルが噂されていた頃、BEL ScreaMが EU FaZe Clanに加入するという話も同時に流れていました。

    DNK Aizyの DNK Northへの移籍は先に発表されましたが、EU FaZe Clanに加入する選手については交渉が難航し、発表が遅れていました。

    当初 BEL ScreaMを獲得するべく交渉が続けられていたそうですが、ScreaMがフランスチームへの加入を望んだため、FRA Team EnVyUsに加入します。

    新たに第5の選手と交渉する必要が発生したFaZe Clanは、次なる候補として上がっていた BIH NiKoを獲得するべく EU mousesportsと交渉を始めます。

    最大100万ドル(約1億1200万円)とも噂されている移籍金から、当初は実現しないと思われていたこの変更でしたが、最終的にFaZe Clanは EU mousesportsのスーパースターを獲得しました。

    NiKoはDreamHack Masters Las Vegasの後、FaZe Clanに加入します。


    満足のいく結果の残せなかったチームをはじめ、移籍以降はじめてBest 8に進出した EU FaZe Clanや、同じく初のBest 8進出となった DNK Northもメンバーを変更しました。

    次期メジャー大会の開催はまだ発表されていませんが、今後は、これまでのように熟練プレーヤーの所属しているチームの活躍というよりは、若いプレイヤーで構成される新規参入のチームの活躍がみられると思います。

    0207

    USA Hikoが USA Team Liquidから USA OpTic Gamingに移籍しました。
    また、BRA peacemakerもコーチとしてOpTic Gamingに加入します。

    OpTic Gaming
    • CAN NAF
    • USA RUSH
    • ESP mixwell
    • USA tarik
    • USA Hiko
    • BRA peacemaker (Coach)

    USA OpTic Gamingからは先日、CAN stanislawが脱退(後に USA Team Liquidに加入)、メンバーが1名欠けている状態でした。

    結果として CAN stanislawと USA Hikoがトレードされた形になりましたが、stanislawは一旦脱退という形でチームを去っているため、単純なトレードではないのかもしれません。
    Hiko, peacemaker set to join OpTic

    5214

    NA OpTic Gamingから CAN slanislawが脱退することが発表されました。
    stanislawは既に別のオファーを受けているとのことです。

    OpTic Gaming
    • CAN NAF
    • USA RUSH
    • USA tarik
    • ESP mixwell

    またslingshotesportsで公開されたレポートによれば、NA OpTic Gamingを脱退した CAN stanislawは USA Team Liquidに加入し、Team Liquidからは USA HiKoがOpTic Gamingに加入するもようであるとのことです。

    【関連ニュース】
    stanislaw leaves OpTic
    DeKay: Liquid and OpTic to swap stanislaw and Hiko

    このページのトップヘ