もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    JW

    800px-Fnatic_at_DH_Open_Winter_2015

    1月22日~29日に行われたメジャー大会 "ELEAGUE Major: Atlanta 2017" は DNK Astralisの初優勝、POL Virtus.Proの約3年ぶり2度目の決勝進出で閉幕しました。

    この大会に出場した全16チーム中、3-4位以下で終えたチームの内10チームが大会後にメンバーを変更しています。
    中には大会前からレポートで噂されていたものもありますが、BIH NiKoの電撃移籍など突然行われた移籍もありました。

    ここ2週間で行われた主要なメンバー変更をまとめてみます。


     CZE oskarがmousesportsに復帰、NLD chrisJがInactiveに (1/30)

    C3W77DOWAAAjCfz


    この変更はELEAGUE Majorの閉幕前に発表されました。

    EU mousesportsは2015年10月のDreamHack Cluj-Napoca以降、全てのメジャー大会に出場していますが、Best 8には一度も進むことはなく、Legend statusを獲得したことはありません。

    19歳という若さでIGLを努め、個人パフォーマンスで言えば世界でもTop 5のプレーヤーに入るであろうNiKoがチームを率いていましたが結果を残せないことから、チームは何度もメンバー変更を行っています。

    CZE oskarが EU HellRaisersから移籍したあと、約1ヶ月で個人的な理由によりoskarがInactiveになりましたが、この度2013年からのメンバー NLD chrisJにかわって復帰することが決定しました。

     CAN stanislawと USA Hikoがトレード、BRA peacemakerもOpTicへ (2/3~7)

    hiko-stanislaw


    ESL One Cologne 2016で UKR s1mpleと共に北米チームとしてメジャー大会初決勝進出を果たしていた USA Team Liquidは今回、9-11位と期待はずれの結果で終えました。

    昨年末にELEAGUE S2で優勝した USA OpTic Gamingも12-14位で敗退し、両チームは選手をトレードすることとなりました。

    また、OpTic Gamingには BRA peacemakerがコーチとして加入します。

     SWE Maikeleleが再び新チームを設立 (2/3)

    a48573e8-s


    BIH pita, SWE wentonと新チームqwertyを形成していた SWE Maikeleleは、qwertyを解散し PRT foxらと再び新チームを形成すると発表しました。

    現在 PRT foxと NOR jkaemがメンバーとして加わっており、今後残るメンバーについても発表されていくと思われます。

     FRA kennyS, FRA NBK-, FRA apEXがG2 Esportsに移籍 (2/4)

    6b452209-s


    昨年末から噂されていたこのシャッフルは、メジャー大会後に行われた一連のメンバー変更の中で、最も期待されるチームでした。

    FRA SmithZzがコーチに転身し、強力なRifler FRA shoxと、世界Top 3 AWPer FRA kennySがついにタッグを組み、次期メジャー大会の有力候補となると思います。

     SWE JW, SWE flushaがFnaticに回帰 (2/4)

    hqdefault


    この変更もメジャー大会前にレポートが公開されていました。

    しかし当初は選手らが否定的なコメントをしていたため、コミュニティ内では信じがたい再移籍として扱われていましたが、結果的にレポート通りの変更が行われています。

    変更後の SWE Fnaticは2015年末~2016年7月まで活動していたラインナップに戻り、今後の活躍に期待されています。

     Team EnVyUsが新ラインナップを発表、後に BEL ScreaMが加入 (2/5~9)

    ChangestoCSGO


    FRA G2 Esportsがフランスのドリームチームを形成し、残るメンバーと FRA Team LDLC.comから FRA xmsが移籍し新Team EnVyUsとなりました。

    当初 FRA Vexed Gamingから FRA devoduvekが移籍しメンバーに加わりましたが、後に BEL ScreaMが加入し置き換えられました。

     BRA felpsがImmortalsからSK Gamingへ、BRA fnxとトレード (2/6)

    FNX_Felps_capa


    SK Gamingにはこれまで PRT foxがスタンドインしていましたが、恒久的なメンバーとして BRA Immortalsから BRA felpsが移籍することになりました。

    felpsが去ったImmortalsには、元SK Gamingの BRA fnxが加入しています。

     DNK AizyがFaZe ClanからNorthへ、BIH NiKoがFaZeへ (2/9~10)

    f107ad45-s


    上記のフランスチームシャッフルが噂されていた頃、BEL ScreaMが EU FaZe Clanに加入するという話も同時に流れていました。

    DNK Aizyの DNK Northへの移籍は先に発表されましたが、EU FaZe Clanに加入する選手については交渉が難航し、発表が遅れていました。

    当初 BEL ScreaMを獲得するべく交渉が続けられていたそうですが、ScreaMがフランスチームへの加入を望んだため、FRA Team EnVyUsに加入します。

    新たに第5の選手と交渉する必要が発生したFaZe Clanは、次なる候補として上がっていた BIH NiKoを獲得するべく EU mousesportsと交渉を始めます。

    最大100万ドル(約1億1200万円)とも噂されている移籍金から、当初は実現しないと思われていたこの変更でしたが、最終的にFaZe Clanは EU mousesportsのスーパースターを獲得しました。

    NiKoはDreamHack Masters Las Vegasの後、FaZe Clanに加入します。


    満足のいく結果の残せなかったチームをはじめ、移籍以降はじめてBest 8に進出した EU FaZe Clanや、同じく初のBest 8進出となった DNK Northもメンバーを変更しました。

    次期メジャー大会の開催はまだ発表されていませんが、今後は、これまでのように熟練プレーヤーの所属しているチームの活躍というよりは、若いプレイヤーで構成される新規参入のチームの活躍がみられると思います。

    JW and flusha

    SWE GODSENTの SWE JWと SWE flushaが SWE Fnaticに再移籍することが発表されました。
    新たなFnaticは、2015年11月から2016年7月末まで活動していたラインナップです。
    Fnatic
    • SWE olofmeister
    • SWE dennis
    • SWE KRiMZ
    • SWE flusha
    • SWE JW
    • SWE Jumpy (Coach)

    この動きは、メジャー大会"ELEAGUE Major: Atlanta 2017"以前に噂されていました。

    SWE GODSENTにはFnaticから SWE disco doplanと SWE twistが移籍します。

    GODSENT
    • SWE pronax
    • SWE znajder
    • SWE Lekr0
    • SWE disco doplan
    • SWE twist
    • SWE rdl (Coach)

    新体制となった両チームは、今夜よりIEM Katowice EU予選に出場します。

    Fnatic & Godsent Transfer Agreement

    450px-Fnatic_at_DH_Open_Winter_2015

    Sweden Fnaticと Sweden GODSENTの間でメンバーのトレードが発表されました。

    Sweden JW、Sweden flusha、Sweden KRiMZの3名は Sweden GODSENTに移籍、
    GODSENTから Sweden twistと Sweden Lekr0がFnaticに移籍します。

    Fnatic CS:GO
  • Sweden olofmeister
  • Sweden dennis
  • Sweden wenton
  • Sweden twist
  • Sweden Lekr0
  • Sweden vuggo (Coach)

  • GODSENT
  • Sweden pronax
  • Sweden znajder
  • Sweden JW
  • Sweden flusha
  • Sweden KRiMZ
  • Sweden rdl- (Coach)

  • 新たな Sweden GODSENTのメンバーは、
    初のメジャー大会として開催されたDreamHack Winter 2013で優勝した
    当時の Sweden Fnaticのメンバーが4名というラインナップです。

    GODSENTの Sweden paufは事実上の脱退という形になった模様です。
    また、Sweden wentonは Sweden olofmeisterの休養中にFnaticに一時加入しており、
    先日のStarLadder i-League EU予選ではpaufにかわってGODSENTから出場していました。
  • Team PreparationのwentonがFnaticに移籍することを発表

  • スウェーデンチームはESL One Cologne 2015のFnaticの優勝を最後に、
    メジャー大会では決勝への進出すらできていない状況のため、
    スウェーデンチームでシャッフルが行われるのではないかと噂されていました。

    しかし今回、誰もが予想をしていなかったトレードによって、新 Sweden GODSENTは
    2015年Fnaticの Sweden olofmeisterを Sweden znajderと入れ替えた形のメンバーになりました。

    fnatic and GODSENT change three

    677be1ea04c119bafb0ab1f27ea3fd86ca312acb-4

    様々なトーナメントでアナリストとして活躍し、
    Counter-Strikeを中心に選手などのインタビューでも知られる GreatBritain Thorinが
    Reddit上でAMAに回答していました。

    その中で、Cologne 2015を最後にメジャー大会で優勝を果たせていない
    スウェーデンのチームシャッフルの可能性について回答されていましたのでご紹介します。
    ここ最近優勝を果たせていない Sweden Fnatic、低迷を続ける Sweden Ninjas in Pyjamasのような状況が続いた場合、スウェーデンで大規模なシャッフルが行われると思いますか?

    スウェーデンチームのシャッフルの噂は去年からあり、
    全くの事実無根というわけではありませんでした。

    しかし、私は大規模なシャッフルが行われるとは思いません。
    特定の他のチームのプレーヤーが移籍したり、誰かが他のチームに加入するために脱退するというレベルの変更に収まると思います。

     Sweden Fnaticについて

    Sweden JWが Sweden NiPに加入する可能性があったことは、過去のインタビューから明らかになっています。
  • FnaticのJWはNiPに加入するはずだったことがインタビューから明らかに

  • 最終的に移籍は実現しませんでしたが、
    JWは Sweden f0restや Sweden GeT_RiGhTと共にプレーすることを望んでいました。

    JWはFnaticで多くの勝利を掴んだにもかかわらず、別のチームに行くという冒険を選ぶ可能性があるという点について、私は理解できます。
    これは以前、Fnaticから Sweden pronaxが脱退したのと同じ理由だと思います。

    現在のFnaticには、元 Sweden LGB eSportsの選手が3名加入しています。

    もしJWがFnaticを脱退した場合、その後に Sweden olofmeisterや Sweden KRiMZが引退するかもしれないという点を考慮する必要があります。
    なぜなら、彼らはDreamHack Winter 2014でのブーストによる批判や、olofmeisterの怪我などによって真剣に引退を考えていたからです。
  • Dreamhack Winter 2014 LDLC vs. Fnatic de_overpass

  • 彼らが引退しなかった場合、FnaticにはJWに代わって Sweden GODSENTの選手か、 Europa FaZe Clanの Norway rainが加入するのではないかと私は思っています。

    Fnaticにdennisが加入した際、一部のFnaticメンバーはRainを望んでいたようです。
    GODSENTからの選手の場合、Sweden Twistが有力視されていますが、彼はビッグチームへの参加を望んでいないため、彼以外になるかもしれません。

     Sweden Ninjas in Pyjamasについて

    もしJWがNiPに参加する場合、Sweden fribergが脱退する可能性が最も高いです。
    fribergは過去全ての年でNiPのワーストプレーヤーとなっていますし、
    Entry Fraggerでなくなった今も、パフォーマンスは改善されていません。

    fribergの問題として、脱退後彼はどこのチームに行くんでしょうか?
    FnaticやGODSENTが彼を必要としているとは考えにくいです。
    私が思うに、去年のNiPの問題点の半分はfribergと Sweden Xiztでした。

    その他
    私が考えるFnaticの為の興味深い選択肢として、Sweden Maikeleleがあります。
    彼は過去にLGB eSportsでolofmeisterやKRiMZ、Sweden dennisと共にプレーしていました。

    私はMaikeleleがJWのアグレッシブなAWPingスタイルに適していると思います。
    彼は他の誰よりもプラグ・アンド・プレーだろう。

    I am Thorin, mastermind behind "Thorin's Thoughts", star of analysis desks and esports historian for 15 years. AMA

    jw2-672x336

    先日、スウェーデンのショッピングモール内にゲーミングデバイスなどを取り扱う店舗 "JW Gaming"をオープンさせた Sweden Fnaticに所属する Sweden JWがインタビューに回答しています。

    その中で、JWは1年半ほど前に Sweden Ninjas in Pyjamasに加入する予定であったことが明らかにされています。
    私たちは約1年前に起こった物語について思い切って聞いてみました。

    Sweden NiPには誰もが知っているように、2014年11月に Sweden Maikeleleが加入しました。
    Maikeleleが脱退することになったとき、彼の代わりに Finland alluが選ばれました。

    その約1ヶ月後、NiPはESL One Katowice 2015決勝でスウェーデンのライバル Sweden Fnaticに直面します。

    しかし全てが予定通りに動いていれば、JWはNiPに加入しているはずでした。

    JWは以下のように語りました。

    『その通りです。NiPは私を必要としていましたし、私もNiPに加入したかった。当時私は何か新しいことを試してみたかったのです。

    しかし、私がNiPのユニフォームを着ることで、多くの辛いことが起こって苦労していたかもしれません。

    これは何年も前に起こったことで、既に終わった話です。

    私は Sweden f0restや Sweden GeT_RiGhTと一緒にプレーしたかったです。
    でもそれは結局叶いませんでした。
    その時を振り返ってみて、実現していれば最高だったかもしれません。』
    JWの言う「多くの辛いこと」とは、おそらく2013年にJWや当時のFnaticメンバーがNiPに対して行った威嚇や握手の拒否といった行為に対する批判のことではないかと思われます。
  • DreamHack Bucharest 2013: fnatic winning moment vs. NiP

  • この一件については、直後にFnatic側から公式な釈明と謝罪が行われ、その後GeT_RiGhT本人も既に和解の上で現在は良好な関係となっていることを強調しています。

    さらに昨年12月には噂されていた通り Sweden GeT_RiGhTが実際に UnitedStates Cloud9に移籍するつもりであったことが明らかになっていました。
  • GeT_RiGhTは実際にCloud9に加入するつもりだった

  • Exklusiv intervju med JW om sitt nya projekt: ”Vill skapa en sportbutik för esportare”

    8137

    2015年のCS:GOトップ20プレーヤーランキング第10位に JWがランクインしました。

    JWが国際的な舞台に現れたのは2012年半ば頃からなので、
    キャリアはまだ約4年ほど、ちょうどCS1.6の終わりの頃から始まりました。

    CS:GO移行後の2012年末頃にEpsilonに加入。
    2013年後半には現在の Fnaticに加入し、初のメジャー大会で見事優勝を果たします。

    Epsilon以降、 flushaと共にプレーし続け、
    CS:GO史上最も成功したラインナップと言われるようになります。

    2015年、JWは特に最後の3ヶ月であまり良くないパフォーマンスでした。
    それでもラウンドを勝利に導くための彼のOpening Killsは試合で大きな影響を与えています。
    大きな試合でのRatingは1.01でしたが、内99マップでは彼が
    チームで2番目に勝利に貢献したプレーヤーとなっていました。

    0484

    JWは2013年にこのランキングで8位に、2014年は5位にランクインしていました。
    今年、ランキングを少し落とすこととなった理由として、
    チームの最も活躍したプレーヤーとなったイベントが、殆ど無かったことにあります。

    4つの25万ドルイベントでは良いパフォーマンスだったにもかかわらず、
    主要な大会での彼は、このランキングの中で
    成績があまり良くないプレーヤーの1人となってしまっていました。。

    Top 20 players of 2015: JW (10)

    このページのトップヘ