もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    flusha

    800px-Fnatic_at_DH_Open_Winter_2015

    1月22日~29日に行われたメジャー大会 "ELEAGUE Major: Atlanta 2017" は DNK Astralisの初優勝、POL Virtus.Proの約3年ぶり2度目の決勝進出で閉幕しました。

    この大会に出場した全16チーム中、3-4位以下で終えたチームの内10チームが大会後にメンバーを変更しています。
    中には大会前からレポートで噂されていたものもありますが、BIH NiKoの電撃移籍など突然行われた移籍もありました。

    ここ2週間で行われた主要なメンバー変更をまとめてみます。


     CZE oskarがmousesportsに復帰、NLD chrisJがInactiveに (1/30)

    C3W77DOWAAAjCfz


    この変更はELEAGUE Majorの閉幕前に発表されました。

    EU mousesportsは2015年10月のDreamHack Cluj-Napoca以降、全てのメジャー大会に出場していますが、Best 8には一度も進むことはなく、Legend statusを獲得したことはありません。

    19歳という若さでIGLを努め、個人パフォーマンスで言えば世界でもTop 5のプレーヤーに入るであろうNiKoがチームを率いていましたが結果を残せないことから、チームは何度もメンバー変更を行っています。

    CZE oskarが EU HellRaisersから移籍したあと、約1ヶ月で個人的な理由によりoskarがInactiveになりましたが、この度2013年からのメンバー NLD chrisJにかわって復帰することが決定しました。

     CAN stanislawと USA Hikoがトレード、BRA peacemakerもOpTicへ (2/3~7)

    hiko-stanislaw


    ESL One Cologne 2016で UKR s1mpleと共に北米チームとしてメジャー大会初決勝進出を果たしていた USA Team Liquidは今回、9-11位と期待はずれの結果で終えました。

    昨年末にELEAGUE S2で優勝した USA OpTic Gamingも12-14位で敗退し、両チームは選手をトレードすることとなりました。

    また、OpTic Gamingには BRA peacemakerがコーチとして加入します。

     SWE Maikeleleが再び新チームを設立 (2/3)

    a48573e8-s


    BIH pita, SWE wentonと新チームqwertyを形成していた SWE Maikeleleは、qwertyを解散し PRT foxらと再び新チームを形成すると発表しました。

    現在 PRT foxと NOR jkaemがメンバーとして加わっており、今後残るメンバーについても発表されていくと思われます。

     FRA kennyS, FRA NBK-, FRA apEXがG2 Esportsに移籍 (2/4)

    6b452209-s


    昨年末から噂されていたこのシャッフルは、メジャー大会後に行われた一連のメンバー変更の中で、最も期待されるチームでした。

    FRA SmithZzがコーチに転身し、強力なRifler FRA shoxと、世界Top 3 AWPer FRA kennySがついにタッグを組み、次期メジャー大会の有力候補となると思います。

     SWE JW, SWE flushaがFnaticに回帰 (2/4)

    hqdefault


    この変更もメジャー大会前にレポートが公開されていました。

    しかし当初は選手らが否定的なコメントをしていたため、コミュニティ内では信じがたい再移籍として扱われていましたが、結果的にレポート通りの変更が行われています。

    変更後の SWE Fnaticは2015年末~2016年7月まで活動していたラインナップに戻り、今後の活躍に期待されています。

     Team EnVyUsが新ラインナップを発表、後に BEL ScreaMが加入 (2/5~9)

    ChangestoCSGO


    FRA G2 Esportsがフランスのドリームチームを形成し、残るメンバーと FRA Team LDLC.comから FRA xmsが移籍し新Team EnVyUsとなりました。

    当初 FRA Vexed Gamingから FRA devoduvekが移籍しメンバーに加わりましたが、後に BEL ScreaMが加入し置き換えられました。

     BRA felpsがImmortalsからSK Gamingへ、BRA fnxとトレード (2/6)

    FNX_Felps_capa


    SK Gamingにはこれまで PRT foxがスタンドインしていましたが、恒久的なメンバーとして BRA Immortalsから BRA felpsが移籍することになりました。

    felpsが去ったImmortalsには、元SK Gamingの BRA fnxが加入しています。

     DNK AizyがFaZe ClanからNorthへ、BIH NiKoがFaZeへ (2/9~10)

    f107ad45-s


    上記のフランスチームシャッフルが噂されていた頃、BEL ScreaMが EU FaZe Clanに加入するという話も同時に流れていました。

    DNK Aizyの DNK Northへの移籍は先に発表されましたが、EU FaZe Clanに加入する選手については交渉が難航し、発表が遅れていました。

    当初 BEL ScreaMを獲得するべく交渉が続けられていたそうですが、ScreaMがフランスチームへの加入を望んだため、FRA Team EnVyUsに加入します。

    新たに第5の選手と交渉する必要が発生したFaZe Clanは、次なる候補として上がっていた BIH NiKoを獲得するべく EU mousesportsと交渉を始めます。

    最大100万ドル(約1億1200万円)とも噂されている移籍金から、当初は実現しないと思われていたこの変更でしたが、最終的にFaZe Clanは EU mousesportsのスーパースターを獲得しました。

    NiKoはDreamHack Masters Las Vegasの後、FaZe Clanに加入します。


    満足のいく結果の残せなかったチームをはじめ、移籍以降はじめてBest 8に進出した EU FaZe Clanや、同じく初のBest 8進出となった DNK Northもメンバーを変更しました。

    次期メジャー大会の開催はまだ発表されていませんが、今後は、これまでのように熟練プレーヤーの所属しているチームの活躍というよりは、若いプレイヤーで構成される新規参入のチームの活躍がみられると思います。

    JW and flusha

    SWE GODSENTの SWE JWと SWE flushaが SWE Fnaticに再移籍することが発表されました。
    新たなFnaticは、2015年11月から2016年7月末まで活動していたラインナップです。
    Fnatic
    • SWE olofmeister
    • SWE dennis
    • SWE KRiMZ
    • SWE flusha
    • SWE JW
    • SWE Jumpy (Coach)

    この動きは、メジャー大会"ELEAGUE Major: Atlanta 2017"以前に噂されていました。

    SWE GODSENTにはFnaticから SWE disco doplanと SWE twistが移籍します。

    GODSENT
    • SWE pronax
    • SWE znajder
    • SWE Lekr0
    • SWE disco doplan
    • SWE twist
    • SWE rdl (Coach)

    新体制となった両チームは、今夜よりIEM Katowice EU予選に出場します。

    Fnatic & Godsent Transfer Agreement

    8066

    CS:GOトップ20プレーヤー2016 第10位に Sweden flushaがランクインしました。
    2013年から続いて4度目のランクインです。

    Sweden flushaのCSにおけるキャリアは2012年末にスタートしました。
    2013年夏に Sweden Fnaticに加入すると、しばらくは国際イベントで大きな結果を残すことはなかったものの、11月にCS:GO初のメジャー大会DreamHack Winter 2013で当時最強チームだった Sweden Ninjas in Pyjamasを倒し、初代メジャー大会王者となります。
    2013年、Sweden flushaはTop 20 Playersで13位にランクインしました。

    4077

    Top 20 Playersで2位となった2014年は、2回のメジャー大会でBest 8、ESL One Cologneでは Sweden Ninjas in Pyjamasに敗れ準優勝となっています。

    この年、Sweden olofmeisterと Sweden KRiMZが Sweden Fnaticに加わり、徐々に力をつけ始めます。

    2015年にはメジャー大会連覇を果たし、3連覇かとおもいきやDreamHack Cluj-Napocaで France Team EnVyUsに敗れると、当時のインゲームリーダー Sweden pronaxがチームを去り、Sweden dennisが加入します。

    約1年半ぶりとなるメンバー変更の後、Sweden Fnaticは信じられないほどの支配的な強さをみせつけ、Sweden dennisが加入した2015年11月から2016年2月までに5つのLAN大会で優勝します。

    5277

    2016年に入ってからはSL i-League StarSeries XIVとESL Barcelona、IEM Katowiceと次々に優勝を果たし、2016年も Sweden Fnaticの勢いは途切れることがないように見えました。

    この3大会全てで Sweden flushaは安定したパフォーマンスを発揮し、EVPを受賞しています。

    その後2016年1回目のメジャー大会MLG Colombusでは、準々決勝で Denmark Astralisに敗れ、また Sweden olofmeisterの手首の負傷が発覚し、チーム全体が自身を失い始めました。
    準々決勝での敗退にもかかわらず、Sweden flushaはRating 1.14を記録していました。

    Sweden olofmeisterがしばらく休養をとることになり、Sweden wentonがスタンドインして出場したESL Pro League S3 Finalsは3-4位で終え、Sweden flushaは何度も"Carry"し、大会でRating 1.20 / ADR 94.6と驚異的な数値を記録しました。

    ECS S1 Finalsでは、チーム全体が精彩を欠いたパフォーマンスでした。
    結果は再び3-4位となり、Sweden flushaが今年唯一Ratingが1.00を下回った大会です。

    2016年2度目のメジャー大会ESL One Cologneでは、準々決勝で Kazakhstan Gambit Esportsを破ったものの、準決勝で UnitedStates Team Liquidに敗北しました。

    その後ELEAGUE S1 Playoffsが開催されました。
    グループステージを含む Sweden flushaの成績は、Rating 1.14 / ADR 84.8に加えてEVPを受賞、チームを準優勝に導きました。



    ここで Sweden Fnaticと、元Fnaticメンバー Sweden pronaxが設立したチーム Sweden GODSENTとのシャッフルが発表されます。 Sweden flushaと Sweden JW、Sweden KRiMZ (後にFnatic回帰)の3名は Sweden GODSENTに移籍、元世界最強チームは2チームに分断されてしまいました。


    Sweden pronaxと再会した Sweden flusha達は、シャッフル後初のイベントSL i-League StarSeries S2 Finalsで、Sweden Ninjas in Pyjamasと Denmark Team Dignitasに相次いで敗れ、今大会を去りましたが、Sweden flushaはRating 1.10 / ADR 94.4と平均評価以上を記録していました。

    2016年の成績をみてのとおり、Sweden flushaの強みは一貫性にあります。
    彼はKillを取るよりも、一貫して多くのダメージを与え、ラウンドの勝利に貢献します。
    例えてみれば、Sweden flushaは拷問の一種"水責め"のように、じわじわとダメージを与え、相手チームを狂わせていくのです。

    彼は2016年、ADR 83.8を記録し全選手中6位となりました。ラウンド毎のGrenadeやMolotovダメージも高く、昨年の最高のサポート選手の1人となっています。

    ビッグイベントに限ってもRatingは1.12で全選手中8位。
    彼が受賞したEVP5つの内4つがビッグイベントにおけるものでした。
    より上位となれなかった理由として、チーム最高の選手となり直接的に勝利に影響するようなインパクトが少なかったことにありました。

    Top 20 players of 2016: flusha (10)

    450px-Fnatic_at_DH_Open_Winter_2015

    Sweden Fnaticと Sweden GODSENTの間でメンバーのトレードが発表されました。

    Sweden JW、Sweden flusha、Sweden KRiMZの3名は Sweden GODSENTに移籍、
    GODSENTから Sweden twistと Sweden Lekr0がFnaticに移籍します。

    Fnatic CS:GO
  • Sweden olofmeister
  • Sweden dennis
  • Sweden wenton
  • Sweden twist
  • Sweden Lekr0
  • Sweden vuggo (Coach)

  • GODSENT
  • Sweden pronax
  • Sweden znajder
  • Sweden JW
  • Sweden flusha
  • Sweden KRiMZ
  • Sweden rdl- (Coach)

  • 新たな Sweden GODSENTのメンバーは、
    初のメジャー大会として開催されたDreamHack Winter 2013で優勝した
    当時の Sweden Fnaticのメンバーが4名というラインナップです。

    GODSENTの Sweden paufは事実上の脱退という形になった模様です。
    また、Sweden wentonは Sweden olofmeisterの休養中にFnaticに一時加入しており、
    先日のStarLadder i-League EU予選ではpaufにかわってGODSENTから出場していました。
  • Team PreparationのwentonがFnaticに移籍することを発表

  • スウェーデンチームはESL One Cologne 2015のFnaticの優勝を最後に、
    メジャー大会では決勝への進出すらできていない状況のため、
    スウェーデンチームでシャッフルが行われるのではないかと噂されていました。

    しかし今回、誰もが予想をしていなかったトレードによって、新 Sweden GODSENTは
    2015年Fnaticの Sweden olofmeisterを Sweden znajderと入れ替えた形のメンバーになりました。

    fnatic and GODSENT change three

    4511

    2015年のCS:GOトップ20プレーヤーランキング第5位に Sweden flushaがランクインしました。

    2013年、彼は Sweden Fnaticに加入した年のメジャー大会で優勝を果たしました。
    2014年前半は満足のいく結果は出せなかったものの、
    後半に入って現在のチームメイトである Sweden olofmeisterと Sweden KRiMZがチームに加わり、
    CS:GOのベストプレーヤーの1人となるために進み始めます。

    このランキングでは、2013年に13位、2014年は2位にランクインしています。

    2015年、Sweden flushaはBest Clutchersの1人でした。
    彼は1年間で67のClutchを成功させ、その内ほぼ半分は1on2以上でした。
    これは世界のプレーヤー中、第4位に入ります。

    9694

    また、メジャー大会でのRatingは1.22と素晴らしい成績でした。
    全ての25万ドルイベントを合わせても、Ratingは1.12となり、世界で2番目のプレーヤーです。
    彼はチームの勝利に貢献した主要なプレーヤーではなかったものの、
    非常に安定した貢献者であったため、5位にランクインしました。

    HLTV.orgによる2015年CS:GOトップ20プレーヤーランキングは、
    1月1日より毎日1人ずつ発表され、1月20日に第1位が発表されます。
    2013年、2014年は GeT_RiGhTが2年連続1位となっていました。

    Top 20 players of 2015: flusha (5)

    このページのトップヘ