もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    kennyS

    1709

    CS:GOトップ20プレーヤー2016 第13位に France kennySがランクインしました。
    2013年の12位、2014年の6位、2015年の6位に続いて4度目のランクインです。

    France kennySはCS:Sで1年に満たないキャリアのあと、France VeryGamesの一員としてCS:GOに移行、その後 France Team LDLC.comや France Clan-Mystik、France Titan eSportsを転々とします。

    そして2015年7月、France apEXと共に現在の France Team EnVyUsに加入。
    11月にはDreamHack Cluj-Napocaで初のメジャータイトルを獲得しました。

    6752

    2016年に入り、Global eSports Cup 2016で優勝、中規模なトーナメントながらも France kennySは素晴らしく安定したパフォーマンスを発揮し、大会MVPを獲得しました。

    しかし、3月に開催されたIEM Katowiceでは、チームは1勝5敗と残念な結果でグループステージを突破することが出来ませんでした。France kennyS自身にとっても、Rating 0.92と今年最悪の大会の1つとなりました。 この直後に France kioShiMaが France DEVILと入れ替わるため、脱退します。

    France DEVILがデビューしたCounter Pit League S2でもチームはうまくいきません。 Germany tabseNをスタンドインさせていた Europa NRG eSportsに1-2で敗北します。

    2016年初のメジャー大会MLG Columbusの開催は、Counte Pit Leagueでの敗北からあまりにも早すぎました。通過が容易に見えたグループに分けられた France Team EnVyUsは、UnitedStates Counter Logic Gamingと Kazakhstan Gambit Esportsに相次いで敗れ、France kennySは今年最低のRating 0.69を記録し、チーム内でも最悪のパフォーマーでした。

    7247

    France DEVIL加入以降、2つのイベントに出場し結果を残せてないところをみると、このメンバー変更は期待したほど効果がなかったように思えました。

    また、MLG Columbusはコーチ Schweiz Maniacにとって最後のイベントとなりました。 France kennySはこれについて、『Maniacはコーチとなる準備が出来てないように思いました。だから彼は100%の仕事を出来ていなかったし、私たちは少し残念でした。私はコーチというのはチームに必要なものだと思います。CIS Natus Vincereや Sweden Ninjas in Pyjamasがコーチの必要性を証明してくれています。私達には、多くの経験を積んだコーチが必要です。』

    その後、France Team EnVyUsはDreamHack Masters Malmoに出場しました。

    France kennySは準々決勝で Denmark Team Dignitasを吹き飛ばし、準決勝まで駒を進めます。
    準々決勝を61Kill30Death、113.7ADRという完璧な成績で終えたkennySは、再びチーム最高の貢献者であることを証明しました。



    6月にESL One Cologneメイン予選を通過し、ELEAGUE S1グループステージで Poland Virtus.Proを破りPlayoffs進出、kennySはここでも素晴らしいパフォーマンスを発揮、1MAPでAWP Kills 21とKD差+22という成績を残します。

    ELEAGUE S1では準々決勝で敗れてしまったものの、France kennySはRating 1.22を記録します。

    2016年2回目のメジャー大会ESL One Cologneでは、France kennySのパフォーマンスはMLG Columbusとはまったく対照的だったものの、チームを勝利に導くほどではありませんでした。
    kennySはイベントを通してRating 1.06を記録、チーム内で唯一平均評価以上を獲得します。

    Summer Vacationの後、チームはStarLadder i-League StarSeries S2に出場。
    グループステージで UnitedStates Cloud9に敗れますが、その後 Poland Virtus.Proと China VG.CyberZenを破り、準々決勝進出を果たします。

    チームは最終的に準々決勝で France G2 Esportsに敗れて敗退となりますが、France kennySはADR/KPR/DPRなど全ての項目で平均以上を数値を記録していました。

    その後DreamHack BucharestとESL Pro League S4に出場。
    DreamHack Bucharstをチーム内2番目のRatingで終えると、ESL Pro League S4でチーム内最高評価選手となり、チームはそれぞれ3-4位, 5-6位敗退となってしまいますが、France kennyS個人としては良い成績を残しました。

    France kennySは2016年の1年間を通し、明らかにチーム内のBest Playerでした。
    また、1イベントで大会MVPを受賞し、DreamHack Masters MalmoやESL Pro League S4、StarSeries S2などのイベントで最高Ratingを記録した選手でもありました。
    彼のLANイベントにおけるRating 1.10は、全体の9番目に位置します。

    France kennySのAWP Kills per Roundは0.39で全体の6位に、AWP Kill to Death ratioは4.9と4位に、Opening duelsの勝率は61.1%で世界でも2位、また全ラウンドの19.4%でマルチキルを達成しています。

    もし彼がAWPを持つ機会が頻繁になかった場合、この統計はそれほど高くはならなかったことでしょう。しかし彼は、全ラウンドの38%で生存(第7位)し、これが重要な数値となります。

    France kennySがプレーした重要な試合15MAPを通し、Rating 1.15を記録しています。
    しかし、このランキングでより上位となれなかった理由の1つに、個人的な賞が少なかったことにあります。

    唯一のMVPである大会は決して大規模なイベントではなく、また、彼がプレーしたマップの40%は中規模なトーナメントでした。もう一つのマイナス要因としてあげられるのは、メジャー大会における彼のパフォーマンスです。MLG Columbusでの失敗は、Top 20 Playersの中で最悪のRatingでした。

    kennySが予想する、2017年のTop 20 Playersに入る選手
    France Alexandre "bodyy" Pianaro (G2 Esports)
    Top 20 players of 2016: kennyS (13)

    KennyS_at_ESL_Barcelona_16

    France Team EnVyUsに所属するAWPer France kennySは、
    21歳という若さながら、ベータ版の頃からプロとしてプレーしており
    CS:GOでは既にベテランプレーヤーとなっています。

    8日にお伝えしたFlickshot.frのインタビューの後編です。
    インタビューの前編は次の記事をご覧ください。
    France Team EnVyUsは France kioShiMaのかわりに France DEVILを加入させました。
    最終的には良くなっていたものの、チームのレベルは全体的に低下していたと思いますが、DEVILを加入させたことは失敗だったということでしょうか?


    これは難しい質問ですね。
    もし私達がチーム内の全ての問題を理解できていたら、簡単にこの問題を修正出来ていたと思いますが、実際にはそれは簡単ではありませんでした。

    DEVILの引き抜きについては、残念ながら彼はこれまでプレーしたことがない役割に入れられ、失策であったと言わざるを得ません。

    DEVILが脱退し、SIXERを加入させました。
    なぜkioShiMaを戻したり、France G2 Esportsから移籍させたり、France matHENDや France xmsのような若い選手、また Belgium Ex6TenZなどを選択しなかったのでしょうか?


    kioShiMaを戻すことはオプションとしてあったかもしれません。
    でも、我々は彼が変わったとは思っていませんですし、彼は既にチームに加入しています。

    また、別のチームから選手を引き抜くことは困難です。
    だからG2 Esportsの選手は選択肢にありませんでした。

    さらに、役割の問題としてEx6TenZは必要な選手ではありません。

    他の若い選手の選択肢というのもありましたが、
    SIXERはStarLadder i-Leagueでスタンドインしていたために大きなアドバンテージを持っていました。加えて彼はCS1.6での経験を持っており、精神的な面とチームプレーの観点から、DEVILに比べてはるかに優れていました。
    これがSIXERを選んだ大きな要因です。

    あなたの将来についてお聞きします。
    将来的にどのようなことをするかなど、アイデアを持っているのでしょうか?
    あなたは何らかの形でeSportsに関わり続けたいと思っていますか?


    私は今、自分の仕事をこなすために学校教育を"犠牲"にしています。
    でも後悔はありません。

    しかし、私はeSports以外の分野で、このキャリア後に未来を考えることが出来るようなものを持っていません。
    私は自分の人生でやりたいということは特にありませんでした。
    でもeSportsが大きなチャンスであるということを証明しています。

    だから私はeSports業界に残りたいと思っています。
    でも私はCSが大好きなので、別のゲームではありません。

    ゲーム外の面で、あなたは将来の生活のための目標やプロジェクトなどを持っているのでしょうか? eSports以外の分野で興味をひくものはありますか?

    先程言ったように、私は学生生活の間、自分の将来についてのアイデアは何もありませんでしたが、小さい頃はサッカー選手になりたかったです。

    あなたがフランスの競技シーンに入ってきてから5年以上が経過していますが、いまだにフランス"最強"の2選手が加入するチームは存在しません。
    それは、あなたと France shoxです。私たちはこのチームを見ることは出来るのでしょうか?


    それは避けられないようですね。いつになるかはわかりませんが。
    私達2人はお互いにチームを持っていて、良い友だちです。

    今はお互いのチームをトップに導くことが最優先ですが、
    いつか、私たちは一緒にプレーしたいと思っています。

    どうしてkennySという名前を使おうと思ったのですか?
    今まで、これ以外にほかのニックネームを使ったことは?


    非常に簡単です。
    kennyは私のファーストネームで、Sはラストネームの最初の文字です。

    私はCS:Sのオールドスクールのような感じの名前が好きなのでこうしました。
    (Henry "HenryG" Greerのような)

    でも正直に言うと、kennySは私の最初のニックネームではありません。
    一番最初に"R@Z!3L"という名前を使っていたことがありました。
    また、CS:Sをプレーし始めたときには"HuHu-"という名前を使っていたこともあります。

    あなたの考えるドリームチームとは?

    Poland Snax, France kennyS, Poland neo, Sweden flusha, Denmark dupreeh

    kennyS : "I keep playing to find again this joy of winning a major."

    5820caac3b804

    France Team EnVyUsに所属するAWPer France kennySは、
    21歳という若さながら、ベータ版の頃からプロとしてプレーしており
    CS:GOでは既にベテランプレーヤーとなっています。

    世界最高のAWPerとも評されるKenny "kennyS" Schrub選手が
    Flickshot.frのインタビューに答えていましたのでご紹介します。

    なおインタビューは前編・後編と2つの記事で公開されておりますので、
    今回は前編からいくつかの質問を抜粋して紹介します。
    後編については後日、お伝えする予定です。
    あなたのルーツについてお聞きします。
    いつ頃、CS:Sourceをプレーし始めたのですか?
    このゲームに興味を持ったきっかけは?
    どのようにして競技シーンに入ってきたのですか?


    私がCSをプレーし始めたきっかけは、皆さんと全く変わらないと思います。
    私には11歳年上の兄がいるのですが、私が6歳の頃、
    兄が離れたすきに彼のPCを勝手に使って、
    Warcraft IIIとCS(1.5/1.6含む)をプレーしていました。

    2010年頃になって私は真剣にプレーし始めるようになり、
    再び兄のPCを使うようになりました。

    私は1.6をプレーするつもりでしたが、兄のSteamにはCS:Sourceだけがインストールされていました。純粋な偶然によって私はCS:Sをプレーすることになります。

    当時、私はプロシーンなど一切知らずにプレーしていました。
    その後VaKarMなどのコミュニティサイトを発見し、
    徐々に競技シーンへと入っていくことになります。

    あなたはCS:Sで8ヶ月間ほど選手としてプレーしましたが、
    2012年8月にCS:GOへと移行することになります。
    CS:Sでのキャリアは非常に短かったと思いますが、
    CS:GO移行後すぐにf0restやGeT_RiGhTといった選手にDreamHack Valenciaで直面することになりました。あなたはなぜすぐにCS:GOに適応できたのでしょうか?


    その時のことをよく覚えています。
    私はCS:Sが大好きでした。だからキャリアがすぐに終わることに不満を感じました。
    CS:GOに適応することは、全く簡単なことではなかったのです。

    でも今振り返ってみると、私はCS:GOに合っていたんだと思います。

    例えば、AWPの"Quick scope"の可能性は、私の人生を作り上げました。
    これは私の非常にアグレッシブなプレイスタイルのために非常に重要です。

    私たちはTop 1となるためどうしても勝ちたかったです。
    でも私たちは皆知っているように、
    当時の Sweden NiPは非常にアンタッチャブルで、倒すことは困難でした。

    58172268de5d7_54167_524288727599013_394309392_o

    以前、Valveはメジャー大会で使用する"Player Profiles"を作成するため、あなたのご家族や友達のもとを訪ねました。これはどのようにValveからアプローチがあったのでしょうか?これについて、あなたはどのように思っていますか?

    Valveからはメールで連絡があり、もちろん快諾しました。
    私の家族や友達も参加に好意的に思っていました。
    撮影には3名が私の家に来て、私と私の周りの人について色々質問されました。



    私はこのビデオを非常に気に入っています。
    しかしビデオのリリース後に、侮辱されることがありました。
    それは私の母とガールフレンドにとって、非常に辛いことでした。

    私自身は慣れているものの、彼女達はここまでスポットライトをあびると思っていなく、
    私は彼女たちの反応を見ることが特に苦しかったです。

    あなたは France shoxと入れ替わる形で2014年4月、France Titanに加入しました。
    その後、France KQLYがVAC BANされた時のチームについて教えていただけますか?


    当時、私たちはDreamHack Winter 2014に出場することになり、
    非常に自信を持っていましたし、私も個人レベルで最高の状態でした。

    しかし、その大会の直前のBootcampで
    France KQLYがゲームを起動した直後、VAC BANされました。
    我々はそれが信じられませんでした。

    私たちは彼を100%信頼していましたし、
    プロのレベルでチートをすることは無理だと思っていました。
    これはチームにとって非常に大きな打撃でした。

    (その後、この件を理由にスポンサーが撤退し、Titan eSportsは解散します)

    Titanはメジャー大会においてあまり良い結果を残すことはありませんでした。
    しかし、私はDreamHack Winter 2014については
    もっと良い結果を残せていた大会だと、自身を持って言うことができます。

    あなたは現在もチームのスター選手でありながら、
    定期的に批判の対象となっているように思います。
    全体的にみてあなたは非常に素晴らしいレベルのプレーヤーですが、
    "God Mode"に入っていたかと思えば、数週間、急激に落ち込む期間があり、
    それが直接チームの結果に影響を与えているように思います。
    あなたはこれをどのように感じていますか?


    これは主に私のトレーニングペースと、
    浮き沈みのある私のモチベーションに関連していると思います。

    私はチームのSniperとして、たしかに重要な役割を持っています。
    だからこそ調子の良い時、私はチームの勝利のチャンスを増やすことができます。

    あなたが言うように、必ずしも"God Mode"だとは限りません。
    しかし、全体的な結果としては悪いとは思っていません。

    自分自身に決して満足すること無く、
    特に私の欠点を補う必要がある時には、もっといろんなことをしてみます。

    私は自分自身を責めることはありません。
    でも完璧な試合を出来たとき、とても幸せです。(めったにないけど :D)

    kennyS: "I have achieved a lot of things I did not expect to be able to do".

    0077

    France EnVyUsの France kennySが先日のメンバー変更についてインタビューに回答しています。

    一部を抜粋して掲載します。
    私たちは France DEVILをメンバーに加えた後、 最近こそGfinityで優勝したものの、ほとんどの試合で非常に不安定なパフォーマンスでした。

    我々の最初の間違いは、彼(DEVIL)をEntry-fraggerに指名したことです。
    彼にとってEntry-fraggerが適任ではないことを知っていました。
    しかし私たちは、彼は多才で、新しい役割にも適応出来ると思ってました。

    彼の資質・メンタリティはチームに全く合いませんでした。
    また、彼はここで私達から学ぼうとせず、可能な限りの最善な方法も取りませんでした。
    そしてこれは、私達をかなりイライラさせました。

    またDEVILは重要なシーンで決定的なミスを犯しました。
    そして、彼はそれを繰り返したのです。

    彼が進歩するまでにかなり時間がかかりました。

    たとえ彼が当初よりも改善されていたとしても、
    私たちは多くの事を通じて、変更が必要だと決めました。

    もちろん、誰も彼を責めてはいません。
    明らかに彼だけのせいではありません。

    DEVILはチームの新人であり、
    チームがスランプに陥った本当に悪い雰囲気のなかに参加してきたのですから。

    kennyS on DEVIL: 'He wasn’t really here to learn from us...which was pretty frustrating'
    France SIXERの正式加入後、France EnVyUsはESL Pro Leagueにおいて4MAP中、3MAPで勝利し、
    現在開催中のWESG ヨーロッパ予選では無敗で準々決勝に進出しています。

    6156

    2015年のCS:GOトップ20プレーヤーランキング第6位に France kennySがランクインしました。

    France kennySは2012年の初頭に France VeryGamesに加入します。

    CS:GOがリリースされた後、kennySはすぐに最高のAWPerの1人として地位を確率しましたが、
    当時圧倒的な強さを誇っていた Sweden Ninjas in Pyjamasとの差を埋めることができず、
    2013年5月にはVeryGamesを去りました。
    この年のランキングでは12位にランクインします。

    2014年4月、France shoxに代わり France Titanに加入します。
    彼は一貫したレベルでプレーし続け、ラウンド毎のKill数や最多AWPKillなどでトップに立ちます。
    2014年、彼はこのランキングで6位に入賞しました。

    2015年7月に France apEXと共に France EnVyUsに移籍しました。

    その年最後のメジャー大会DreamHack Cluj-Napocaで彼は自分の価値を証明します。
    準決勝でG2に対してRating1.21、決勝ではNa`Viに対してRating1.48を叩き出します。
    イベント全体をRating1.23で終え、チームの重要な役割を果たしました。

    Cluj-Napocaでの信じられないほどの活躍の後、
    EnVyUsはFACEIT Stage3 Finalsで Sweden NiPと Brazil Luminosityに敗北します。
    それでも、kennySは自身のRating1.16を獲得していました。

    2251


    HLTV.orgによる2015年CS:GOトップ20プレーヤーランキングは、
    1月1日より毎日1人ずつ発表され、1月20日に第1位が発表されます。
    2013年、2014年は GeT_RiGhTが2年連続1位となっていました。

    Top 20 players of 2015: kennyS (6)

    このページのトップヘ