もちもちCS:GO情報ブログ

CS:GOを中心に国内外の eSports に関するニュースを掲載します。

    s1mple

    2225

    【追記】
    公式の発表があったため、一部更新しました。


    SWE Ninjas in Pyjamasは日本時間の8日午前4時より行われるECS Season 3 vs. FRA G2 Esports戦において、CIS Natus Vincereの UKR s1mpleと RUS flamieをスタンドインさせることを発表しました。

    両者は SWE fribergと SWE f0restに代わってスタンドインします。

    このスタンドインはあくまでも今夜の試合のための一時的なものであり、CIS Natus VincereはECS Season 3に出場していないことから、両者の起用が決まったようです。

    SWE Ninjas in Pyjamas for ECS Season 3

    • SWE GeT_RiGhT
    • SWE Xizt
    • SWE draken
    • UKR s1mple (stand-in)
    • RUS flamie (stand-in)
    • SWE THREAT (Coach)

    ECS Season 3 ヨーロッパ部門は今夜と明日深夜に行われる試合をもって全てのオンラインリーグが終了し、北米部門と合わせて上位8チームがオフラインFinals出場権を獲得します。

    SWE Ninjas in Pyjamasは FRA G2 Esportsと1勝差で4位の通過枠をかけて争っており、NiPはG2戦に2勝した上で、明日 POL Virtus.ProがG2に対して最低でも1勝すると、NiPはFinalsへの出場の可能性があります。

    G2 vs. NiP at ECS Season 3 Europe | HLTV.org

    960(37)

    CIS Natus Vincereに所属する UKR s1mple (Oleksandr Kostyliev)の実の兄Alexey KostylievがNatus Vincereにクリエイティブ・ディレクターとして入社したことが発表されました。

    Alexey Kostylievはこれまで他のIT企業で同様の職を務めていたとのことで、Na`Viでは今後、ハイライト動画などのコンテンツ作成に携わるとのことです。

    UKR Natus Vincere

    Natus Vincere (Na`Vi)は2009年にウクライナで設立された組織です。

    2010年に UKR markeloff率いるCounter-Strike 1.6チームは、SWE SK Gamingや SWE Fnatic、DNK mTwを破りESWC 2010でCIS地区のチームとして初めてチャンピオンに輝きました。

    その後もWorld Cyber GamesやDreamHack Winter、Intel Extreme Mastersなど次々にタイトルを獲得し、2011年頃まで世界最強チームの座を譲ることはありませんでした。

    Dota2部門はValve公式大会で最高峰とされるイベント"The International"の初代王者に輝き、現在ではLeague of LegendsやWorld of Tanks、FIFA部門など数多くの選手を抱える世界有数のeSportsチームとなりました。

    CS:GOには2012年末に進出し、これまで2度メジャー大会で決勝に進出しているものの、いまだ優勝経験はありません。

    ちなみに今回Natus Vincereに入社した UKR s1mpleの兄は以前、s1mpleの配信上に登場し話題になっています。



    New member of Na`Vi.G2A!

    6718

    CS:GOトップ20プレーヤー2016 第4位に UKR s1mpleがランクインしました。
    弱冠19歳の UKR s1mpleは2016年、強烈なインパクトを残し、初のランクインです。

    2014年頃に競技シーンに入ってきた UKR s1mpleは、キャリアのスタートから1年経たずしてメジャー大会DreamHack Winter 2014に UKR HellRaisersから初出場、Best 8入りを果たしました。

    4624

    DreamHack Winterでは準々決勝で SWE Ninjas in Pyjamasに敗れてしまうものの、グループステージで SWE Fnaticや USA Cloud9を破ったことから UKR s1mpleの才能は明らかでした。

    しかし当時17歳だった UKR s1mpleは2015年に入ってすぐ、チームメイトに対する態度やESLから受けたBANを理由にチームから除名されてしまいました。

    このESLによるBANはCS1.6でチート行為を行ったとして科せられましたが、BAN解除以前に別のアカウントを使用してプレー、つまりBAN回避行動を取ったとしてこの期間が2016年2月まで延長されてしまいました。

    2015年は UKR FlipSid3 TacticsなどいくつかのチームからLANに出場しましたが、大きな成果を残すには至りませんでした。

    1796

    UKR s1mpleが再び正式にチームに加入することになったのは、UKR FlipSid3 Tacticsを2015年7月に去ってから約半年後の2016年1月。ESLからのBAN解除を目前に、北米移転と USA Team Liquidへの加入が発表されました。

    USA Team Liquid加入後に出場したメジャー大会MLG Columbusでは準決勝まで進みますが、この大会で初優勝を果たす BRA Luminosity Gamingに行手を拒まれました。それでも UKR s1mpleはRating 1.17とチーム内最高評価、EVPを受賞しました。

    9098

    この後、UKR s1mpleはホームシックなどを理由に再びヨーロッパに帰ります。
    ウクライナチーム UKR Worst PlayerとしてSL i-League Invitationalに出場した後、ECS S1 Finalsとメジャー大会ESL One Cologneの2大会限定で USA Team Liquidに復帰することが発表されました。

    ECS S1 Finalsでは結果を残すことはできませんでしたが、USA Team Liquidから出場した2度目のメジャー大会ESL One Cologneでは、北米チーム史上はじめてとなる決勝進出に大きく貢献し、SWE Fnaticに対するClutchなど強烈なシーンを残して、Rating 1.12とEVPを獲得します。



    USA Team Liquidには UKR s1mpleに代わり DNK Pimpの加入が決まっていました。
    UKR s1mpleはヨーロッパに帰ったあと、夏の休暇を経てCIS地区の最強チーム CIS Natus Vincereに加入することが発表されました。

    CIS Natsu Vincereからのデビュー大会SL i-League StarSeries S2ではチームはまさかの最下位で敗退、UKR s1mpleもチーム内最低評価に加え、自身の2016年最低Ratingを記録しました。

    しかしその翌月、ESL One New Yorkに出場するとすぐに UKR s1mpleは本領を発揮し、大会を通して一貫したパフォーマンスで勝利を収めます。全てのカテゴリーにおいて UKR s1mpleはチームのトッププレーヤーであり、Rating 1.25と大会MVPを獲得しました。



    その後EPICENTER: Moscowで DNK Team Dignitasに敗れ準決勝敗退となりましたが、UKR s1mpleは再びチームの最高評価選手としてRating 1.25と2016年4つ目のEVP賞を受賞しました。

    8942

    UKR s1mpleが2016年に獲得したEVPやMVPは2メジャー大会含むビッグイベントからによるものでした。さらにその全てでチーム内最高評価選手となっています。

    彼の統計を見てみると、彼は2016年最高のFraggerであったことがわかります。彼のKills per Round 0.82は1位、全ラウンドの22.4%でMulti-Killを獲得し、ADRは112.9、これら全てランキングで1位となっていました。

    Top 20 players of 2016: s1mple (4)

    画像

    Faceit Pro League(FPL)についての Ukraine s1mpleの発言が物議を醸しています。

    これは、FPLに参加しているプレイヤーとFaceit管理者の間で行われたチャットのスクリーンショットが何者かからリークしたことから始まりました。

    s1mple fpl ban


    チャットでは Sweden olofmeisterと France NBK-が、
    Ukraine s1mpleのFPLにおける有害な言動などを理由にBANするべきであると発言しています。

    このチャットのスクリーンショットがどこから流出したのかという Russia seizedの問いに対し
    olofmeisterが回答していることから、この画像の信憑性が増しました。
    『その場には複数のFACEITの管理者がいました。』

    さらに、Poland TaZが Ukraine s1mpleに対して自身を抑制するよう促すリプライを飛ばしています。
    『君が自分自身を抑えることができないなら少し休憩を取ったほうがよさそうだ。
     君が若いプレイヤーにイライラしているのを誰も聞きたくないんだよ。
     君は"神"じゃない。』
    この Poland TaZのリプライに対し、Ukraine s1mpleは以下のような返信。
    『どうして"プロ"がプレーしているはずのFPLで、Noobとプレーしないといけない?
     もうFPLはプロのためのものじゃないと思ってませんか?』

    しかしながら Denmark deviceも、現在のFPLには問題があることをツイートしています。
    『正直な所、Ukraine s1mpleはこの件について話すときに言葉選びを間違えているだけで、現在のFPLに問題があることは明らかです。』

    Ukraine s1mpleの言動については複数のプロプレイヤーから指摘されているそうで、
    警告の意味を込めて1週間~2週間、FPLからBANするべきだとの声が上がっているそうです。

    451px-S1mple_at_SL_i-League_S2

    CIS Natus Vincereに所属する Ukraine s1mpleがRedditでAMAを実施しています。
    その一部を抜粋してご紹介します。

    【関連ニュース】
    Q. あなたが一緒にプレーしたいと思うNA / EUのプレイヤーは誰ですか?

    A. NA/ UnitedStates jdm64 (Team Liquid), UnitedStates EliGE (Team Liquid), UnitedStates nitr0 (Team Liquid), EU/ Sweden Ninjas in Pyjamasの皆

    Q. これまでのキャリアの中で最高にインパクトのあった瞬間とは?

    A. vs. Sweden Fnatic戦のDouble No Scope 1v2 (ESL One Cologne 2016)



    Q. 2016年の1位のプレイヤーは誰だと思いますか?

    A. Brazil coldzera

    Q. あなたはプロプレイヤーがCSのシーン(CS1.6~)で長年プレーしてきていることは、大きなアドバンテージになると思いますか?

    A. はい

    Q. 現在の CIS Natus Vincereと UnitedStates Team Liquidについてどう思いますか?

    A. どちらももっと多くの練習が必要だと思います。

    Q. ELEAGUE Major 2017以前にブートキャンプの予定はありますか?

    A. メジャー大会の前に Ukraine キエフでブートキャンプします。

    Q. もし前回のメジャー大会(Cologne 2016)で、あなた率いる UnitedStates Team Liquidが優勝していたら、その後もLiquidに残っていたと思いますか?

    A. 多分。

    Q. あなたがどれくらい UnitedStates Hikoに会いたいかを1~10のレベルで表してください。

    A. 100000000

    Q. あなたの中のトップ5プレイヤーを教えてください(Na`Viの選手を除く)

    A. Brazil coldzera, Poland Snax, Sweden f0rest, Sweden GeT_RiGhT, Brazil FalleN

    Q. あなたの最もお気に入りのCSプレイヤーとチームは?

    A. Only 1 Sweden f0rest、Sweden Ninjas in Pyjamas

    Hey,its s1mple from Natus Vincere and im doing AMA for you)

    vVivzYo

    CIS Natus Vincereに所属する Ukraine s1mpleは今月17日、
    自身のTwitter上でチームのセカンダリーAWPerとなることを明らかにしました。

    そして今日、CIS Natus Vincereは公式発表を行い、
    これまで Russia seizedが務めていたセカンダリーAWPerには Ukraine s1mpleが、
    そして Russia seizedは新インゲームリーダー (IGL)となったことが明らかになりました。

    seizedはs1mple加入以前までキャプテンを務めていた Ukraine Zeusにかわり、
    新たなキャプテンとして、チームをリードしていくとのことです。

    Natus Vincere
    • Russia seized (IGL)
    • Slovakia GuardiaN
    • Ukraine Edward
    • Russia flamie
    • Ukraine s1mple
    • Ukraine starix (Coach)

    新体制となったNa`Viは今月30日から、ESL One New Yorkに出場します。

    Na`Vi.G2A CS:GO role changes

    CpBO4h0WcAIoERl

    UnitedStates Team Liquidに現在ストリーマーとして所属する Ukraine s1mpleが
    CIS Natus Vincereに加入することが正式に発表されました。
    移籍金などは公開されていません。

    CIS Natus Vincereからは Ukraine Zeusがラインナップから外れ、インアクティブになっています。

    この件についてはかねてから噂されており、ESPNが報道していました。
  • s1mpleがZeusにかわりNa`Viに加入か、ESPNが関係者による情報として報道

  • CIS Na`Viにとって、2015年4月に Russia flamieが加入して以降、
    約1年4ヶ月ぶりのメンバー変更となりました。

    Natus Vincere
  • Russia seized
  • Slovakia GuardiaN
  • Ukraine Edward
  • Russia flamie
  • Ukraine s1mple
  • Ukraine starix (Coach)
  • Ukraine Zeus (Inactive)

  • s1mple joins Natus Vincere!

    このページのトップヘ